ゲーム

3DSLLの大画面を満喫中

3DSLLを購入。
3dsll_2

とにもかくにも、画面がでかい!
少々老眼気味?の目ん玉には、これは嬉しいw

今までの3DSだと、長時間プレイでどうにも目が疲れて困っていただけに、
LLの登場はもう、待ってました、という感じ。
広い画面が快適で、ここ2日間、3DSの積みゲームを片っ端から遊んでいた。

従来が「離れた小さな窓から、向こう側の景色を見ようとして、頑張って注視する」感じ、
3DSLLは「目の前にある窓から、普通に向こう側の景色を眺めている」感じとでもいおうか。
実際に使ってみたときの印象がまるで違うのだ。

一部従来品よりチープになっている部分はあるものの、質感的には十分な水準だし、
ボタンの押しやすさや、ペンの取り出しやすさなど、
各所の使い勝手が大幅に向上しているのも嬉しい。
これから3DSを買うなら、余程携帯性にこだわる人以外は、
このLLを選んで正解ではないかと思う。

いやー、これは良い買い物をした。
この価格で、このクオリティにまとめてくるのは、さすが任天堂!だ。
マジオススメですコレ。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

66666

YEAH!

66666_2


3DSで狩猟生活を始めたら思いの外ハマってしまってさあ大変。
…XBOX360と並行して遊ぶと、時間が全く足りないぞw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

スカイリムに出国しっぱなしで(汗
遅ればせですが、あけましておめでとうございます。

本年も、気が向くままに運営する
「マサミネのゲーム勝手口」をよろしくお願いします。

さきほど、NHKのクイズ天下統一に地デジから参加してみました。
テーマがゲームだったので。
セガゲーがいっぱい出てきて懐かしかったなぁ^^

結果。
2

我ながら、結構頑張ったと思うw
ポケモンの合計数で間違えてしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PS3で公式がハード破壊ファームを配信~不心得者に毅然と対処

以前の記事で、
ハッカーたちによってルートキー流出、
割れ放題ハッキング放題にされてしまったPS3だが、
さすがのソニー、抜本的対策に乗り出してきたようだ。

その手段は実に豪気。
なんと新ファームウェアによる無差別爆撃!である。
ここまで毅然としたハック対応など、他の腰抜け会社にはとてもできまい。

1月27日に配信された新ファーム「3.56」には
カスタムファームウェアを検知し、
自動的に本体をBrick(ぶっ壊す。起動不可)する
攻撃性能が搭載されていたのだ。
ソニーの「カスタムファームウェアを入れるような不届き者には容赦しない」
という毅然とした姿勢の表れであろう。

オンラインで違法行為を行えば、XBOX360の場合も、
以後一切オンラインに接続できない、というペナルティ(本体BAN)はある。
しかし、オフラインではゲームで遊べるし、
ユーザーの財産であるゲーム機そのものを破壊する、
という「根本的解決」には程遠いと言わざるを得ない。
不法改造自体は買ったユーザーの自由だが、
公道への乗り込みを禁止するのがXBOX360のスタイル、
不法な改造車は問答無用で叩き壊す…がソニーのスタイル
というわけだ。

しかも、この本体破壊ファーム、
PS3のHDDを換装しただけでも(カスタムファームを入れてなくても)炸裂する。
HDD換装は自己責任とはいえ、
マニュアルにもやり方が載っているれっきとした「公式改造」。
これはつまり、たとえマニュアルに載っている行為であっても、
「勝手にHDDを換装するような人間は、信心とお布施が足りない」という
ソニーからのメッセージと受け取るべきか。
換装時のトラブルはなんせ「自己責任」なので、
毎度お馴染み、見積もりだけで金を取る豪華サポートセンターに連絡、
直接ソニーに懺悔とお布施を求められる…?
…これではどんな不信心者も、二度とHDD換装しようなどとは思うまい。

なお、新ファーム「3.56」はその後、
2月1日にナンバーそのまま「3.56」にも関わらず、
HDD換装時の本体破壊機能を削除したものに人知れず置き換えられた。

さすがにHDD換装だけで本体Brickは、
下々の者にとって手厳しかったか、という慈悲に違いあるまい。
一切公式発表せずにこっそり置き換えたところが、
ソニーの奥ゆかしさである。泣かせる。
この5日間にFWを書き換えて新HDDに換装してしまった人(Brick!)でも、
旧HDDのデータが残っていれば復旧可能とのことだ。

いやはやそれにしても、
こんなに「毅然」とした措置を見せられると、
私なぞはもう畏れ多くて、
二度とPSNになんてつなげない…
クレカなんて登録していた私が馬鹿でした…

と、わが身のいたらなさを反省しきりである。
まだまだ信心が足りてないな。


※事態の深刻さを鑑み、できるだけ友好的かつ穏当に記述し、
ソニーのイメージダウンにならないよう配慮してみました。
これで巡回に来ているGKの皆様も安心ですね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

任天堂3DSを体験してみた~3Dはなかなか良好

Dvc00058

新宿ビックカメラに立ち寄ったら、
3DSの体験コーナーを発見。体験してみた。
ソフトはニンテンドッグ&キャッツ。
3分間で終了するデモ版である。

「持った感じ」
犬猫をいじくるためにタッチペンを使用するのだが、
左手を普段の両手操作用に持ってしまうと、
ずしっと重いのはこれまでのDSと同じ。
ホールドした感じは、DSLiteと実によく似ている。
(重量は230gと、DSLiteよりも10グラムほど重いらしい)

「肝心の3D」
個人差が大きい、と聞いた3DSの立体視だが、
私の場合はボリュームをどこに調節しても、
しっかり立体視ができた。

ただ、立体視ボリュームを最大にすると、
表示ブレが大きくなるせいか、動きに弱い。

プレイしていて妙に目にチラつくというか、疲れる感じ。

かといって、完全に2D表示にしてしまうと寂しいので、
ちょびっと~半分ONくらいまでの間で
「いい感じ」のポイントを探すのが良さげ

ほんのちょびっとオンにするだけでも、
2Dとはまるで違う奥行き感が楽しめるので、
2Dにすると倍速動作するDOAなどのゲーム以外では、
3Dでのプレイをすることになりそうだ。

「ゲーム内容」
犬と猫の動作はなかなか可愛い。
決して出来が悪いわけではないのだが、
ロンチの中でも映像的には寂しいタイトル…なのが少々残念。
あまり新ハードで遊ぶ新ゲーム!という感動は感じられなかった。
(DSのニンテンドッグスを遊んだ印象とあまりかわらないというか…
もちろん、大幅にレベルは上がっているのだが…)

ここ2日ほど、3DSの本体が予約できなくて、
どうしたものか…と思っていたのだが、
実際に体験させてもらってちょっと落ち着いてしまったかもw
…とりあえず買えそうなら買う、でいいかなぁ。今のところは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キネクトがとんでもないことになっている

キネクトの発売前、
「これって簡易モーションキャプチャーだよな…?
玩具だから精度は期待できないとしても、
イラスト描くときのデッサンツールくらいにはなっちゃうんじゃないか」
…などと個人的に考えていたのだが。

PCへ接続してキネクトを使うと、
デッサンツールどころの騒ぎではないらしい。
MMDへのモーションデータ取り込みが行えるようにされたおかげで、
すでにキネクトを使用した動画が続々とネットに上がり始めている。


さらに、人体以外の物体でも立体データで取り込める特性を生かして…

さらにさらに、ヘッドマウントディスプレイと組み合わせて…

…日進月歩ならぬ、
時進日歩なみのスピードでどんどん凄い使われ方になってて、末恐ろしいものがある。
そもそも、低価格なものでも100万円以上するはずだった
モーションキャプチャー(人体の動作しか取り込めない)
を軽く凌駕する性能をもつデバイスをキネクトは1万5000円で売ってしまったわけで…
一種のデバイス革命になりそうな勢いだ。

未来すぎてワクワクである。「電脳コイル」まで到達しつつあるだろ、とw

まあこの動画の方々のように凄いスキルのない私としては、
キネクト用ゲームを遊びつつ、何が出てくるのかを待つくらいしかないのが残念。
(といいつつ、キネクトが楽しすぎて、
ついダンスセントラルとファイターアンケージドの海外版までぽちっと…
遊ぶヒマのなさが実に悩ましいね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キネクト用ゲームで2キロ痩せる~なんという健康生活

最近ゲームライフが
夕食後に一時間ほどキネクト>汗だく>シャワー>寝る
…というフィットネス通いの人のような流れになりつつある。
なんか2キロ以上痩せてるし。
代謝が活発になっているせいか、ガンガンお腹が空くので、
健康的に3食しっかり食べるようになってしまった。
…なんという健康推奨デバイスかとw

Photo

ロンチタイトルも一通り遊んだので、
それぞれの感触を書いておこう。
(ソニックフリーライダーズは未購入なのであしからず)

ダンスエボリューション ★★★★☆


ロンチタイトルの目玉。買い。
売り切れ続出(というか、発売日以外ほんとに店頭で見ないね)の
「実際に踊るダンスゲー」である。
全身判定版ダンレボ、として実に危なげない作りで、インターフェイスも快適。
ある程度運動ができる人、ダンスできる人なら
ノーマル難易度で初見クリアできるくらいの適度ないい加減さも◎。

ただこのゲーム、リプレイモードやレッスンモードなどの
「プレイ以外」の要素がバッサリ切り落とされているのが惜しい。
踊らずにお手本を見たり、自分のダンスリプレイ(なぜか動画で保存できるw)を
じっくり見たかったなぁ、と思う。
そういった細かい不満はちくちくあっても、
遊んでしまうと踊る楽しさで全部吹き飛んで満足しちゃえるんだけどねw
プレイしやすさを高めた続編なり、アップデートなりを期待。


クロスボード7  ★★★☆☆


キネクト専用スノボゲー。敷居高いがスノボ好きなら買い。
リアルでウインタースポーツをやりこんでる(スノボ歴15年)こともあり、
どの程度スノボ気分になれるかと思っていたが、
これまで遊んだどのゲームよりも(キネクトの強みもあって)スノボ感が味わえる。
足首のエッジングだけのターンはさすがに判定できないが、
大きなターンで上体ごと乗り込んでいくときの感覚は実スノボに近い。
後ろにのけぞりながらジャンプするバックフリップや、
空中で片足を上げるグラブなども、
実際のトリックに身体の使い方にちょこっと似てるので、
その気になれるのがいい。

ただ、マップ、レベルデザインには少々難あり。
開始早々のレースにしても、コースが狭い上に、
旗門の位置もキビシメで、しっかりとしたラインを滑っていかないと
なかなか勝てない(次のステージや新ボードが出現しない)

家庭で遊ぶ初の体感スノボ、なのだから、
まずは広々とした斜面を自由に滑らせるゲームデザインにするべきだった。
慣れてくれば自在にボードを振り回す気持ちよさが感じられるのだが、
そこまで行き着かずにやめてしまうプレイヤーもいそう。
なんか、コントローラーで遊ぶスノボゲーを作ってて、
そのマップなどを使い回しちゃったような…もったいないゲームである。


キネクトスポーツ ★★★★☆

正直やるまでは「Wiiスポみたいなもんでしょ」
と思っていたのだが、いい感じで裏切られた。
実際にワンツーからコンビネーションを打てるボクシングやら、
誰とでも協力プレイがびしっと決まるビーチバレー(本当に盛り上がる!)、
ボールを方向決めて蹴り分けることのできるサッカー
など、
「ゲームじゃできなかったこと」が体験できる感動が満載の傑作。
さすがRare開発である。やはりこの会社は凄い。

パーティーゲームとしては最強の1本だと思う。
(現に、実家へもって帰ってみたらこれ1本で大盛り上がりw)
弱点としては、画面周り、演出周りがアバターを使っていて淡白なので、
1人で延々遊ぶとちょっと寂しいくらいか…


体で答える新しい脳トレ ★★☆☆☆


買ってみたが、何度か遊んでいきなり実家に投下してきてしまったw
(なので写真がない…)
身体を使いつつ、脳を使いつつ…のトレーニングは
確かに頭には効きそうなのだが、全体としてあっさりすぎで、
遊びこむ気になれない…。
そもそも「その日の脳年齢判定」をやって、
お薦め脳トレやって…と一日のノルマ(?)をプレイしても5分で終わる。
キネクトセンサーの使い方も今ひとつこなれていない感じで、
プレイ中の認識に「?」と思うことも多かった。

プレイ時にいちいちディスクを入れ替えることを考えると、
面倒で遊ぶ気がしなくなるよねこれは。
…配信で販売してくれたらもう一度買ってもいいかも。


(おまけ)キネクトアドベンチャー ★★★☆☆

キネクト本体に同梱されているオマケ…なのだが、
想像以上にしっかりとした作りで遊べる。
キネクトでどんなことができるのか?という技術デモ的な側面もあるので、
これを一通りクリアまで(一日1時間遊んでも2週間くらいかかる)遊ぶと、
キネクトの扱いがよくわかってよろしい。
ミニゲーム集的な作りなので、1人でずーっと遊んでると飽きやすいが、
家族などと一緒に遊ぶとかなり盛り上がるし、ルールもわかりやすくて、入門にはベスト。
途中参加が気楽にできる(ゲーム中でも即受け付けてくれる)ところも良い。
3000~4000円なら、別売でも買うかも?くらいの「まあまあ」な出来のオマケゲーム。


…とまあ、駆け足にレビューしてみたが、いかがなものだろうか。
明後日にはフィットネスとアニマルズも予約してあるので、
(積まなければ)そちらも評価してみたいと思う。

キネクトというデバイスは、
とにかく凄い、触ってみればわかる!という性格のものだ。
ビックやヨドバシなどの店舗では毎週末体験コーナーをやっているようなので、
未体験の人は「恥ずかしがらずに」(これが店頭では最大の敵だw)
レッツトライ!してほしい。
ゲーム好きでこれを体験しないのは、どう考えても「損」である。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

キネクトを体験~自由すぎるスタイルが気持ちいいね

Dvc00043

毎度おなじみ新宿ビックに
Xbox 360 Kinect(キネクト)
の体験コーナーができたので、早速遊んでみた。
サイトによると、日によって体験できるソフトは変わるらしいが、
初日の今日遊べたのは本体同梱の「キネクトアドベンチャー」

<0・キャリブレーションなど>
お店にいったのがちょうど体験開始のタイミング。
「どうぞ」と店員さんに言われて前に立ったのだが、
なぜか反応がないw
店員さんがあれれ?という顔をしているうちに
コントローラでキャリブレーションのメニューに入ってみた。
それでも反応がないので、
店員さんと2人で悩みかけたら…

「しばらくお待ちください」の紙が
キネクト本体にかぶせたままだったw
おい、ビックカメラ(´・ω・`)

試してみたかったのでそのままキャリブレーション。
「プレイできる場所のできるだけ後ろ」に立つよう指示される。
キネクトから2m弱?の位置にテープが貼ってあるので、そこへ。

すると、
「1人プレイに適した距離」として自動的にキャリブレーション完了。
最低でも1m50cmくらいまで離れないとキャリブレーションができないっぽい。
(キャリブレーションは、設置時に一回必要らしい)
メニューをみたところ、さらに距離をとって2m50cmくらいに離れて立つと、
「1~2人プレイ向け」の距離と認識されるようだ。
実際にゲームを始めたあとは、1mちょいくらいの距離でも反応していたので、
あくまでキャリブレーションは
キネクト設置時に「ゲーム中に最も遠くにいったときの位置」を設定するものなのかな。

<1・キネクトアドベンチャー「RIVER RUSH」>
よくデモや動画で見た例の川下りである。
ゴムボートに乗って左右の体重移動で舵を切り、
障害物やジャンプ台は実際にジャンプしてクリアする。
FORZAの開発スタジオであるターン10が製作ということもあってか、
画面のクオリティ、川の水の表現なども手を抜いていない印象。

実際にプレイしてみると、
反応は想像以上にクイックで、遅延は全く気にならない。
立ち位置を変えず、上半身を傾けるだけでクイクイとカーブできるし、
ジャンプも軽くぽんっと飛べばOK。

ゲーム中のボートに乗っているアバターの手足が、
プレイヤーの手足とシンクロしているのが楽しいw


<2・キネクトアドベンチャー「RALLY BALL」>
次にめざましTVなどでも紹介されたボールの打ち返しゲーム。
できるだけ「遅延」を確認できるゲームを見てみようと選択。

奥行き10メートルくらいの空間で、
正面のブロックにボールを当てて破壊する。
跳ね返ってきたボールを打ち返していると、
だんだんボールの数とスピードが増えていくという
体感ブロック崩しである。

で、実感だが、
やはりタイミングとスピードを要求するゲームだけに、遅延は感じやすい。
コンマ1秒、フレーム数にして、7~8程度だろうか。
ゆっくり~普通の速さで手足を動かすとあまり感じないのだが、
素早く手を振り上げると、
一瞬遅れてアバターが同じ動きをする「ズレる」感覚。

速いボールをジャストミートで「叩き返す」感覚で遊ぶと、
この一瞬のラグでとりこぼしてしまう。
ボールがまだちょい手前(ゲーム中のサイズでアバターの30センチ手前)
にあるうちに、そこへ手足を「先に置いてとおせんぼ」する感覚でプレイすると
思い通りに打ち返せる。
脳内で自然と補正するためか、慣れてくると違和感は感じなくなってくるが、
キネクトの構造上、やはりタイミングをシビアに要求するゲームでは
その弱点が見えやすい。

余談だが、両手をだらりと下げて構えてしまうと、
自分の腕を上げる角度と、アバターの腕の上げ具合のシンクロ感覚が
瞬間的に掴みにくくなって、ミスりやすい。
プレイ時には最初から軽く両手を左右に広げておくのがお薦め

Dvc00044


両手に何ももたず、立つ位置も自由。
身体に何の装置も付けない。
キネクトで遊ぶ解放感は、圧倒的だった。自由さに感動した(´Д`)。
ここまで自由なのに、身体全体のの動きを忠実にトレースしてて、
自分と同じポーズをとるアバターに驚かない人はいないと思う。

こんなデバイスが、家庭で玩具として出回るというのはつくづく凄い。
自分と同じポーズでアバターが手をふってるだけで、
「未来」の匂いがぷんぷん漂ってる。

もちろん、実際に遊びこめば、
上に書いた遅延などの弱点は他にも見えてくるだろう。
でも、これだけ革新的な製品にも関わらず、
「初めの一歩」でここまで遊びやすくできているのは立派。

ソフトの改良が得意なマイクロソフトであるし、
今後のソフト改良によってもう3~4フレームもラグを短縮できれば、
ほとんどズレを意識しないレベルになるはず。
既にUBIが2フレーム遅延まで縮めているという噂もあるので、
ソフト面では一層の進化を期待しておく。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝!XBOX360大規模アップデート~快適過ぎるぜZUNE

2年ぶりにXBOX360の大幅な機能強化がやってきた。
2008年のアップデートでも
いきなり全ゲームがインストール可能になったり、
アバターが導入されたり
、と
本体の使い勝手をぐんと
引き上げてしまうアップデートをしていたが、
今回の目玉は、ストリーミングレンタルビデオ「ZUNE」。

これ、ブルーレイ録画機や、
PS3などでよくある映像配信サービス
…と同レベルのものでは全くございません。
あまりに快適なレスポンス、
にもかかわらず高画質&高音質。
ぶっちゃけ録画機のアクトビラなんて、
二度と触る気しなくなるくらい凄い。

秘密は、ここ何年かマイクロソフトが研究してきた
「シルバーライト」という高度なストリーミング技術らしいが、
「ストリーミング慣れ」してるPCユーザーほど、
どんな魔法だこれは?wといいたくなるはず。
なんせ、
そこそこの回線(数Mbpsで十分らしい)で
1080pハイビジョン映像&5.1チャンネルサラウンドの映画を、
ほぼ待ち時間ナシで観られてしまう!!
…どんな魔法だこれは?(;´Д`)

ほとんどの映画にはプレビューが付いているので、
どんどん予告編を眺めて、
(なんせ待ち時間はほぼゼロだ!)
その場で借りて見始める…ということができてしまう。
すっかり映画好きにとって危険なデバイスになってしまったw

店頭のレンタルより価格が割高なのは少々残念だが、
(240~500MSPくらい…日本円だと約300円~700円)
店まで借りに行く時間、手間を考えると、
個人的には許容範囲。
それくらい、この快適さは代えがたいものがある。

…それにしても、バンダイチャネルさん。
洋画の傑作、良作より高いおたくのアニメ映画ってどーなん?
相対的に高く見えて仕方ないんですが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Kinectを予約しようとしたら…意外と売れてる?

仕事のたて込みっぷりがリミッター解除だった9月…
気が付いたら下旬!マジかよ!てな感じである。

仕事の合間にちょこちょことTGS情報をチェックしつつ、
Kinectの重鉄騎やら、パンドラスタッフの新作やらにワクワクするのが精一杯。
…といいつつ、「デッドライジング2:ケース0」と
Halo: Reach」はしっかり遊んだが(どっちも良作。買うべき)

で、本日になって遅ればせながら
ジョーシンのネットショップでKinectを予約した次第。これで年末は安心w
同時購入ソフトは「ダンスエボリューション
…やはりコイツは試してみるしかあるまい!

それにしても、
まだ予約始まってそれほど経ってもいないだろうに、
XBOX360の250GBモデル&キネクトのセットが
アマゾン、ヨドバシ、ビック…と
そこらじゅうで予約受付完了
になっていてびっくり。
キネクトはTGSでも一番注目されたいたと聞くし、
ロンチ以後のタイトルも充実している。
年末のXBOX360はそれなりに盛り上がる…のかな?


| | コメント (1) | トラックバック (0)