« 2012年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2012年7月

3DSLLの大画面を満喫中

3DSLLを購入。
3dsll_2

とにもかくにも、画面がでかい!
少々老眼気味?の目ん玉には、これは嬉しいw

今までの3DSだと、長時間プレイでどうにも目が疲れて困っていただけに、
LLの登場はもう、待ってました、という感じ。
広い画面が快適で、ここ2日間、3DSの積みゲームを片っ端から遊んでいた。

従来が「離れた小さな窓から、向こう側の景色を見ようとして、頑張って注視する」感じ、
3DSLLは「目の前にある窓から、普通に向こう側の景色を眺めている」感じとでもいおうか。
実際に使ってみたときの印象がまるで違うのだ。

一部従来品よりチープになっている部分はあるものの、質感的には十分な水準だし、
ボタンの押しやすさや、ペンの取り出しやすさなど、
各所の使い勝手が大幅に向上しているのも嬉しい。
これから3DSを買うなら、余程携帯性にこだわる人以外は、
このLLを選んで正解ではないかと思う。

いやー、これは良い買い物をした。
この価格で、このクオリティにまとめてくるのは、さすが任天堂!だ。
マジオススメですコレ。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

たった半年で31台のVITAが焼損!…ソニー「欠陥はない。有償で対応する」

PSヴィータ焼損31件、ソニー「欠陥でない」 (読売新聞)

ソニーの対応が酷すぎて言葉を失う。
保証期間内に31件も実際に焼けて「欠陥ではない。有償で対応」って…
いつからソニーは中国産偽ブランドメーカーレベルになりさがった?
実際に一件も焼けなかったにも関わらず、
万全を期して新アダプターを配布した任天堂とは比較にもならない。

特に異常なのは今回の対応で
「有償対応」と断言しているところ。
(つまり、責任は顧客にある。顧客の使い方が悪い、と決めつけている)

↓これだけの 同 じ 症 状 の 不 具 合 を出しているのに、である。
製品事故情報 (製品評価技術基盤機構)

2ページ目から、この半年に起きたVITAの焼損事例がずらりと並んでいる。

ソニー株価は暴落が続き、7月25日時点で863円まで下落。
時価総額でもトップ50から転がり落ちた現状を見ると、
経営状態が崖っぷちにあることは誰の目にも明らかである。
フリーズまみれな上に、焼損の恐れまであるVITA、
発売前日に回収延期のnasneと、
真っ当な製品管理さえできないほどに物づくりもオワッテル。
今VITAリコールが確定すれば、昨年度比1200億円も増えた流動資産
(ぶっちゃけ売れ残り在庫と思しきもの)の相当額を占めるVITAに評価損が発生。
数百億~1000億円規模の損失が新たにふりかかるだろう。
だから、顧客に責任をなすりつけてでも、逃げ回りたい
ソニーの胸の内は理解できなくもない。

しかし「寝てる間に充電しておいたら、火が出るかもしれない…」
そんな恐ろしい製品、真っ当な判断力のある消費者なら買うわけがない。
最低「誠意をもって調査解明する」「事故が起きたときは即対応する」
くらいのアナウンスはできないのかと。
今いくらかの金をケチって、より多くの金を失う…
最近のソニーはそんな近視眼的な失敗ばかりを繰り返している。

貧すれば鈍す。

…そんな当たり前の振る舞いさえできず、
広報が初手で「欠陥じゃない」「有償対応」
と言ってしまう余裕のなさ…本当に終わりが近いかね。こりゃ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

潜入系ゲーマーAくんがスナイパーになっていた

ちょくちょくゲーム談義をしていた生徒Aくん。
私に影響されたか、昨年XBOX360を購入したと思ったら
スプリンターセルコンビクションをドップリやり込んだ挙句、
ヒットマンブラッドマネーを買ってきたり、
「先生、プロトタイプもってます?」などと言い始める、
とても心配な有望な若者になってしまった。

さて、昨日Aくんに遭遇。
「先生はスナイパーエリートV2のデモやりました?サイコーっすよ」
…え?そんなの配信されてたっけ?
「海外タグに来てますよ。まだ先生チェックしてなかったすか?」
…お前、この短期間でどんだけ濃くなってるんだよw

「難易度下げたらスナイパーじゃないっす。一番難しいのでやんないと」

せっかくのAくんお薦めなので、
北米タグでデモを落とし2時間ほどプレイ。
こっちの場所さえバレなければ戦場を支配できるが、
バレた途端に追い詰められるスナイパーの無力さw
この立場の落差、追われる緊張感は、潜入系やりこみ大好きのAくんには
さぞジャストミートだったのだろう。

それにしても、XBOX360に手を出した教え子連中は、
どうしてどいつもコイツも
度が過ぎたゲーム満喫野郎になってしまうのかとw
教育者としていろいろ間違ってるような気がしないでもないが…
…ま、楽しそうだから良しということで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソニーステマ連合が再始動?WillViiがまとめサイト「ゲハにゅ」に圧力?!

今年の頭から、
すっかり馬脚露しまくっていた感のある、
ステルスマーケティング連合の話題であるが…

ソニーの出井元社長が顧問に収まり、
社長の塚崎氏も元ソニーという、
ネットマーケティング会社(笑)のWillVii=ウィルビーが、
ステマ連合に目障りな記事満載
2ちゃんまとめサイト「「有題無題ゲハにゅ」さんへ圧力をかけたらしい。

問題になっているのは、
「ゲハにゅ」さんのこの記事

「株式会社WillVii」の営業品目に2chまとめサイトが!

WillVii株式会社「これのどこがやらせ・ステルスマーケティングなのでしょうか?」

…あー、なるほど。
ウィルビーは2ちゃんねるも工作対象です!ってのがモロバレですもんね、これ。
社長さんが何を言おうが、上の図がわかりやすすぎるというか。
マスメディア、自社メディアに向かっているのと「同じ矢印」が
2ちゃんねるなどのスポンジメディアに向かってる。「仕事」の対象ってわけだ。

これ、名誉棄損うんぬんで「ゲハにゅ」さんへ削除依頼が来ているらしいが、
どこがどう「名誉棄損」なんだろう?
自社で公開&営業してた資料を再掲されてるに過ぎんようにも見えるが…。

そろそろホトボリも冷めた、と目して
ステマ活動再開しようとでもいうんでしょうかね。
そんなことやってたら、いつまで経っても、
検索で「ステルスマーケティング」って入れると、トップが「ソニー」
という状況は変わらないわけで…そろそろ潮時じゃない?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2014年8月 »