« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

SCEが「また?」債務超過722億円

SCE、722億円の債務超過

2年前に100億円超の債務超過を引き起こしたSCE(旧)は、
その際に赤字業務であった「PSN」などのネットワーク事業を本社に移し、
現在のSCE(新)として設立しなおされた。
(よって現在のSCEは以前の法人とは別物である。名前同じにしてるのに…)
で、2010年度「黒字になった」とさんざんソニーの平井社長が吹聴し、
社長就任の理由(笑)にしていた、アノ輝かしき(笑)新SCEが、
翌年度にはもう大赤字で722億円の債務超過!…アホですかと。

SCEの決算公告
内情を見ると、さらにいろいろ見えてくる。
流動資産が前年度よりも1200億円以上膨れ上がり、
流動負債は倍以上の3300億円!!
…今年一年マトモに経営できるのか心配になるほどの惨状だ。

この悪化のうち、相当な部分はVITA投入によるものだろう。
特に流動資産のうち倉庫に積みあがった
「不良在庫一歩手前の」VITAの山、はかなりのボリュームではないかと推測される。
これが「正真正銘の不良在庫」として償却されるとなれば、
資産はさらに目減りしていく。値下げだけでも大ダメージだ。

VITAがこれほどまでに売れない、ということは
ソニーとしても計算外だったのだろう。
コースが3つしかないリッジレーサーに始まり、
1章しかシナリオが入っていないシェルノサージュ、
アイテム課金前提のPSO2など、
とにかくダウンロード課金まみれのゲームがVITAには多い。
開発費を抑えられる、と言ってサードを呼び込み、
かつダウンロード商品を大量に並べることで、ピンハネ分で
ネットワーク運営を維持する、というのが
VITA発売時にソニーが描いていたシナリオだったのだろう。

ところが、あまりに完成度の低い本体と、
低迷したままの売上を見てサードが一斉に逃げ出した。
ガチャ課金への批判が高まったことで
阿漕なダウンロード商売もできなくなった。
金かけずにVITAで儲ける計画、はスタート地点であっさり頓挫した。

私はこれまで、平井氏のソニー社長就任の「建前」に使われたSCEは
もうしばらく存続すると見ていた。
PS4も、スマートTVに毛が生えた程度の、
適当な既製部品を使ったやっつけマシンとして登場するだろう、と思っていた。
そのやっつけマシンを細々と売ることで、
SCEとゲーム事業の存続イメージを保ち、
こそこそと自然消滅のような形を採るかなと。

しかし、その未来は、
このあまりにも酷いVITAの失敗=SCEの壊滅的状況
によって変更されるのではないか、と感じる。
最近、この債務超過だけではなく、
ソニーのゲーム事業を巡る状況がどんどんキナ臭くなっている。
PS3向け開発のためにバンナムと設立したセリウスが解散したり、
ソニー本体の平井社長が、SCE会長を辞め、
創業者の甥である盛田厚氏を後釜に据えているところを見ると、
SCEにババをなすりつけ、見捨てる形でストリンガー&平井コンビが
トンズラする算段か?と勘ぐりたくなってしまう。
PS4モドキを作っての軟着陸など、もうできなくなっているのではないかと。

さて、ソニーはどう次の手を打つのか。
なにやらドカンとデカい動きが来るのか、
真・SCEでも設立するのかw

…ついでに細かいことだが、平井サンはSCEの惨状が内部的に見えていたはずなのに、
6月後半に突如SCEからトンズラって、ボーナスまでキッチリもらうのか?
もし、そうなら7700万件の個人情報バラまいておいて、
謝罪もせずにノラリクラリ逃げ回った辣腕経営者(笑)だけはある。
どんなに自分が世話になってきた組織が危機に陥っても、
ほっぽりだした古巣が壊滅しようと、自分の取り分だけは確保する…なんて生き方、
普通の人間にはなかなかできまい。人として恥ずかしくて。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

ソニー株、ついに996円まで下落

ソニー株価、節目の1000円割れ 32年ぶり
…いわんこっちゃない。

いよいよソニーはボロ負けのゲーム(とテレビ)事業を抱きしめたまま、
丸ごと心中する肚を決めたのか?
こうなることは当ブログでも繰り返し書いてきたことであり、
遅くとも3年前にはソニー自身にもハッキリ見えていただろうと。
ストリンガー、平井と続く経営者の愚かな振る舞いには言葉も出ない。

まず初めにするべきことは、役員報酬の大幅カット、もしくは経営陣の刷新。
大きな痛みの伴う改革をしようというときに、
無能な経営という「害毒」を振りまいてきた当事者が率先して責任を取らず、
地位と金に汲々としていて、どこの部下がついてくるというのか。

次に不採算部門(つまりゲームとテレビだ)の切り離し。
ゲームは幸い今ならまだ部門、版権の買い手だって探せるはず。
テレビには事業部に大きなメスを入れての
リストラが必要になるが、これは仕方あるまい。
金融とエンタメ、一部の実績ある家電分野まで
縮小するべき時期が来ているのではないか。

ついでに、今までさんざんやらかしてきたステルスマーケティングについても、
これまでソニーが資金を流してきたと思しき連中は
「悪質」まとめサイトが大ピンチ 2ちゃんねるから「転載禁止」通告
で、息の根止まりかけてるし…
トカゲの尻尾切りして、健全性をアピールするには
悪くないタイミング&材料だろうw

平井社長の新経営計画、として
「不正と手を切った綺麗なソニー」(笑)を打ち出して、
再起を期してみてはいかがか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »