« おひさしぶりです | トップページ | 個人情報7700万件流出…PSNで史上最悪の事故 »

プレイステーションネットワーク1週間の長期ダウン…復旧見通し立たず

新年度である。
春なのだからまずは明るい話題で…と思ってレビューなど書いていたのだが。
…話が大事でリアルタイムである。やはり避けられまい。

プレイステーションネットワーク(PSN)がダウンしたまま、
そろそろ1週間にもなろうというのに、復旧の見通しが立っていない。

24日に更新したまま、公式の案内も情報が出てこない。

そもそも「再構築」をしている、という復旧案内が尋常ではない。
こうした大規模システムがバックアップなしに動作していることなどあり得ず、
であれば、既存システムの「立ち上げなおし」に6日間もの時間がかかるわけがないからだ。
決済機能をもち、アカウント数7500万を
減ることはないし複数アカウント作成できるのだから、肥大化するのは当たり前だがw)
自慢げに報告するほどの巨大商用システムが
ろくに情報公開もしないまま、1週間に渡ってダウン。
これがどれほどの信用を失う行為か、理解できないソニーではないはず。

それなのに、この状態…今回の件は単にシステムがダウンした、というよりは
あまりに深刻なシステムの「欠陥」のため、
「立ち上がるわけにはいかない」状況に陥っているように見える。

PS3のルートキー流出問題が1月。
その後猛威を振るったゲーム内でのチート行為、
昨年起きていたクレジットカードの不正使用などへの懸念は前にも書いた。
現状起きている、のは、まさにその懸念が現実化したような状況ではないのか?

ネットでの噂を追うと、
3月の時点で、すでにPSN上で使い放題にできてしまう
「クレジットカード番号偽造ソフト」まで作られていた…という話が出ている。
そのツールを用いると、現存するカードの番号であるなしにかかわらず、
カード認証されたもの、とする偽情報をPSNに送りつけ、
有料ソフトやダウンロードコンテンツを無限に購入できてしまうといわれている。

今回の件については、ソニー自身も
「クレカ情報流出の可能性がある」とコメントしているとのこと。

事態はどうしようもなく深刻な状況ではないのか。
国内ユーザー、メディアへの情報提供が
相変わらずほったらかしなところも相変わらずのソニー体質である。
去年発生していたアカウントハッキングによるクレカの不正使用でも、
抜本的な対策をとっていたとは思えず、
場当たり的かつ技術力のないセキュリティ設計
招いた人災ではないか、と勘ぐりたくなる。

ソニーには、一ユーザーとして、
さっさと情報を開示してもらいたいところである。

|

« おひさしぶりです | トップページ | 個人情報7700万件流出…PSNで史上最悪の事故 »

Its a ソニー」カテゴリの記事

ゲーム業界」カテゴリの記事

コメント

今までブログ放置しておいてソニーの汚点見つけた途端あげあし取り
お前みたいのがクズというのを覚えとけよ
オナニーはチンコイジってればいーいんだよ

投稿: manko | 2011年4月28日 (木) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510412/51504536

この記事へのトラックバック一覧です: プレイステーションネットワーク1週間の長期ダウン…復旧見通し立たず:

« おひさしぶりです | トップページ | 個人情報7700万件流出…PSNで史上最悪の事故 »