« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月

このひと月…マスエフェクト2(神ゲー)とキャサリン(問題作)

3週間ほどブログ放置してしまったが、
何をやっていたかというと…

前半はマスエフェクト2にどっっっぷり。
これはRPG好きは絶対にやるべき!というくらいの神ゲーであった。

まだ2月なのに、2011年のマイベストになってしまいそうである。
(どのへんが素晴しいのか?を書き出すと、
どうにも長くなりそうなので、ひとまず今回は置いておく)

で、問題は、この1週間遊んでいたキャサリンの方。
前からパズルゲームだということはわかっていたし、
30代の浮気男が2人の女性から追い詰められるストーリー
(なんか自分に投影しやすくて怖いぞ)も
洒落てていいなぁ、と思っていたのだが…

これさ…プロの商品として荒削りすぎじゃね?

先に書いておくと、
満足度は酷評するほど低くはない。
シナリオはそれなりに楽しかったし、
パズルのシステムも嫌いじゃない。
贔屓目で見れば10点満点で7点くらいはあげてもいい。

ただ、ゲームバランスに問題ありすぎ!なのだ。

多くの人は難易度ノーマルで初プレイをすると思うが、
これ、ノーマルのままでエンディングまで行き着くのは
とてもとても大変。大部分のプレイヤーは普通に心が折れると思うw

なんせ、
じっくり考えられないルールのくせに、
操作を一度ミスったら死亡確定
、という局面がゴロゴロ。
後半ステージなんて、
時間ない&解法難しい&操作ミスったら即死のオンパレードである。

無限コンティニューがあるならまだいいが、
なぜか残機制なので、その面がクリアできても残機が減りすぎた状態でセーブすると
「詰み」に近い状態になってしまうという罠まである。
私も約半分まではノーマルでプレイしたものの、
あまりのキツさにイージー(手を戻す機能あり)に切り替えてしまった。

一週間でとりあえずエンディングまで遊んだが、
無駄にエンディングの種類は多いし、
周回に時間かかりすぎるし、ゲーム内容そのものは完全に繰り返しだし…

きっとこのゲームの開発者は、
「普通のプレイヤー」に遊ばせてバランス調整する、
という当たり前の手間をかけていない。
難易度やクリアにかかる「手間」について、
開発者たちのズレた感覚がそのまま表れていると感じる。
あまりに難易度への批判が多いことから、
改善パッチがあたることになったらしいが、
なんともアマチュア的・同人的な自己満足臭が強い。

せっかく題材や雰囲気は魅力的なのに…ほんともったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3で公式がハード破壊ファームを配信~不心得者に毅然と対処

以前の記事で、
ハッカーたちによってルートキー流出、
割れ放題ハッキング放題にされてしまったPS3だが、
さすがのソニー、抜本的対策に乗り出してきたようだ。

その手段は実に豪気。
なんと新ファームウェアによる無差別爆撃!である。
ここまで毅然としたハック対応など、他の腰抜け会社にはとてもできまい。

1月27日に配信された新ファーム「3.56」には
カスタムファームウェアを検知し、
自動的に本体をBrick(ぶっ壊す。起動不可)する
攻撃性能が搭載されていたのだ。
ソニーの「カスタムファームウェアを入れるような不届き者には容赦しない」
という毅然とした姿勢の表れであろう。

オンラインで違法行為を行えば、XBOX360の場合も、
以後一切オンラインに接続できない、というペナルティ(本体BAN)はある。
しかし、オフラインではゲームで遊べるし、
ユーザーの財産であるゲーム機そのものを破壊する、
という「根本的解決」には程遠いと言わざるを得ない。
不法改造自体は買ったユーザーの自由だが、
公道への乗り込みを禁止するのがXBOX360のスタイル、
不法な改造車は問答無用で叩き壊す…がソニーのスタイル
というわけだ。

しかも、この本体破壊ファーム、
PS3のHDDを換装しただけでも(カスタムファームを入れてなくても)炸裂する。
HDD換装は自己責任とはいえ、
マニュアルにもやり方が載っているれっきとした「公式改造」。
これはつまり、たとえマニュアルに載っている行為であっても、
「勝手にHDDを換装するような人間は、信心とお布施が足りない」という
ソニーからのメッセージと受け取るべきか。
換装時のトラブルはなんせ「自己責任」なので、
毎度お馴染み、見積もりだけで金を取る豪華サポートセンターに連絡、
直接ソニーに懺悔とお布施を求められる…?
…これではどんな不信心者も、二度とHDD換装しようなどとは思うまい。

なお、新ファーム「3.56」はその後、
2月1日にナンバーそのまま「3.56」にも関わらず、
HDD換装時の本体破壊機能を削除したものに人知れず置き換えられた。

さすがにHDD換装だけで本体Brickは、
下々の者にとって手厳しかったか、という慈悲に違いあるまい。
一切公式発表せずにこっそり置き換えたところが、
ソニーの奥ゆかしさである。泣かせる。
この5日間にFWを書き換えて新HDDに換装してしまった人(Brick!)でも、
旧HDDのデータが残っていれば復旧可能とのことだ。

いやはやそれにしても、
こんなに「毅然」とした措置を見せられると、
私なぞはもう畏れ多くて、
二度とPSNになんてつなげない…
クレカなんて登録していた私が馬鹿でした…

と、わが身のいたらなさを反省しきりである。
まだまだ信心が足りてないな。


※事態の深刻さを鑑み、できるだけ友好的かつ穏当に記述し、
ソニーのイメージダウンにならないよう配慮してみました。
これで巡回に来ているGKの皆様も安心ですね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »