« 任天堂3DSを体験してみた~3Dはなかなか良好 | トップページ | PS3で公式がハード破壊ファームを配信~不心得者に毅然と対処 »

NGP発表に思うことをつれづれと

PSPの後継機(?)NGP発表。
有機ELの大画面で、動画を見る限り
携帯機のハードスペックとしては大したものであると思う。
よくもまあ、こんな「大艦巨砲マシン」(誉めてます)を作ることにしたものだ。
ガジェット好きとしては、
このままのスペックで、3万円を切る価格で発売になったとすれば、
いきなり買ってしまうかもしれない。

純粋にパワーで押すマシンは嫌いじゃないw

が、商売としては、大丈夫か?とも思う。
回線契約が必須になるのでは?という予測もされてるが、
月額数千円もかかるようなら最初から買う気はない。

(据置メインなので、携帯機はたまに遊ぶ程度だし)

かといって、性能に見合った高価格(4万円台もあり得る?)だと、
先行する3DSがどこまで市場を掌握しているかは未知数とはいえ、
発売時に「売り先のない」商品になってしまっているかもしれない。
なんせUMDを切り捨てたことで、
新規ユーザーで市場を立ち上げなくてはならない
わけで…
普及のハードル相当高いだろと。

今日の発表そのままのパワフルな携帯機が、
できれば2万5000円くらいまでの価格で、
回線契約なしで手軽に買える…個人的に理想を言えばそうなるが、
実現させるには、スペックが少々豪華すぎる。

PS3やPSPのように、
「ロイヤリティ収入狙いで、本体は赤字販売」という手は
さすがにもう使えまい。
そもそも長期的にハードが伸びていく環境を作るためにも、
逆ザヤ商法はやめておいてほしい。
(投資が先細りして、ソニーに市場を育てる体力がなくなってしまうと、
本体を買ったユーザーにとっても損が大きい。債務超過以後のSCEを見れば明白)


さらにもう一つ心配なのが、
PS3のときにソニーがやった
「発表時と製品のスペックが全然違う(製品がショボくなる)」という手を
またやらかしはしないか、ということ。
今日の発表会で動いている映像から察しても、
本体仕様もまだ最終版ではなさそうだし、本格的なゲーム開発もこれからの様子。
続報が出るたびに「なぜかスペックとゲームの品質が落ちていく」などという
不思議現象はPS3だけでたくさんだ。


まさかとは思うが、
3DSに対する牽制のためだけに、
このタイミングでハッタリをかました…
なんてことはないよね?ソニーさん。

|

« 任天堂3DSを体験してみた~3Dはなかなか良好 | トップページ | PS3で公式がハード破壊ファームを配信~不心得者に毅然と対処 »

Its a ソニー」カテゴリの記事

ゲーム業界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510412/50705669

この記事へのトラックバック一覧です: NGP発表に思うことをつれづれと:

« 任天堂3DSを体験してみた~3Dはなかなか良好 | トップページ | PS3で公式がハード破壊ファームを配信~不心得者に毅然と対処 »