« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

NGP発表に思うことをつれづれと

PSPの後継機(?)NGP発表。
有機ELの大画面で、動画を見る限り
携帯機のハードスペックとしては大したものであると思う。
よくもまあ、こんな「大艦巨砲マシン」(誉めてます)を作ることにしたものだ。
ガジェット好きとしては、
このままのスペックで、3万円を切る価格で発売になったとすれば、
いきなり買ってしまうかもしれない。

純粋にパワーで押すマシンは嫌いじゃないw

が、商売としては、大丈夫か?とも思う。
回線契約が必須になるのでは?という予測もされてるが、
月額数千円もかかるようなら最初から買う気はない。

(据置メインなので、携帯機はたまに遊ぶ程度だし)

かといって、性能に見合った高価格(4万円台もあり得る?)だと、
先行する3DSがどこまで市場を掌握しているかは未知数とはいえ、
発売時に「売り先のない」商品になってしまっているかもしれない。
なんせUMDを切り捨てたことで、
新規ユーザーで市場を立ち上げなくてはならない
わけで…
普及のハードル相当高いだろと。

今日の発表そのままのパワフルな携帯機が、
できれば2万5000円くらいまでの価格で、
回線契約なしで手軽に買える…個人的に理想を言えばそうなるが、
実現させるには、スペックが少々豪華すぎる。

PS3やPSPのように、
「ロイヤリティ収入狙いで、本体は赤字販売」という手は
さすがにもう使えまい。
そもそも長期的にハードが伸びていく環境を作るためにも、
逆ザヤ商法はやめておいてほしい。
(投資が先細りして、ソニーに市場を育てる体力がなくなってしまうと、
本体を買ったユーザーにとっても損が大きい。債務超過以後のSCEを見れば明白)


さらにもう一つ心配なのが、
PS3のときにソニーがやった
「発表時と製品のスペックが全然違う(製品がショボくなる)」という手を
またやらかしはしないか、ということ。
今日の発表会で動いている映像から察しても、
本体仕様もまだ最終版ではなさそうだし、本格的なゲーム開発もこれからの様子。
続報が出るたびに「なぜかスペックとゲームの品質が落ちていく」などという
不思議現象はPS3だけでたくさんだ。


まさかとは思うが、
3DSに対する牽制のためだけに、
このタイミングでハッタリをかました…
なんてことはないよね?ソニーさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

任天堂3DSを体験してみた~3Dはなかなか良好

Dvc00058

新宿ビックカメラに立ち寄ったら、
3DSの体験コーナーを発見。体験してみた。
ソフトはニンテンドッグ&キャッツ。
3分間で終了するデモ版である。

「持った感じ」
犬猫をいじくるためにタッチペンを使用するのだが、
左手を普段の両手操作用に持ってしまうと、
ずしっと重いのはこれまでのDSと同じ。
ホールドした感じは、DSLiteと実によく似ている。
(重量は230gと、DSLiteよりも10グラムほど重いらしい)

「肝心の3D」
個人差が大きい、と聞いた3DSの立体視だが、
私の場合はボリュームをどこに調節しても、
しっかり立体視ができた。

ただ、立体視ボリュームを最大にすると、
表示ブレが大きくなるせいか、動きに弱い。

プレイしていて妙に目にチラつくというか、疲れる感じ。

かといって、完全に2D表示にしてしまうと寂しいので、
ちょびっと~半分ONくらいまでの間で
「いい感じ」のポイントを探すのが良さげ

ほんのちょびっとオンにするだけでも、
2Dとはまるで違う奥行き感が楽しめるので、
2Dにすると倍速動作するDOAなどのゲーム以外では、
3Dでのプレイをすることになりそうだ。

「ゲーム内容」
犬と猫の動作はなかなか可愛い。
決して出来が悪いわけではないのだが、
ロンチの中でも映像的には寂しいタイトル…なのが少々残念。
あまり新ハードで遊ぶ新ゲーム!という感動は感じられなかった。
(DSのニンテンドッグスを遊んだ印象とあまりかわらないというか…
もちろん、大幅にレベルは上がっているのだが…)

ここ2日ほど、3DSの本体が予約できなくて、
どうしたものか…と思っていたのだが、
実際に体験させてもらってちょっと落ち着いてしまったかもw
…とりあえず買えそうなら買う、でいいかなぁ。今のところは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3のオンが危険!~チート蔓延でゲーム崩壊。個人情報は消すべきでは

つい先日、PS3本体のもつ秘密鍵がハックされた。
これまでもセキュリティの脆弱性については話題になっていたが、
今、危険度はこれまでにないレベルに跳ね上がっている。

なんせ、秘密鍵がバレている、ということは、
改造ファームでも、ウイルスでも、違法コピーでも、
「正式な製品」になりすましてPS3上で動作させられる
わけで、
バラまき放題、伝染し放題なのである。
クレジットカード情報などは本体から即座に削除し、
しばらく(事態に収拾がつくまで)は
オンラインに接続しない…といった自衛策をとるべきではと思う。

コールオブデューティ:モダンウォーフェア2では
すでにチートがはびこり、オンラインは根底からバランス崩壊。
壁を貫通したり、空を飛んだりともう滅茶苦茶。
この動画のような状況が生まれている。
真っ当なプレイヤーにとって、これほどやる気のなくなる話はない。

一緒に遊んだだけのプレイヤーに感染し、
セーブデータを書き換えてしまうウイルス型チート(凶悪!)
さえ出回り始めているという。
ここまで悲惨だと、
今はまだゲームのデータ操作で済んでいるだけマシだ、と言うべきか。
(本体には、アカウントのパスに個人情報、人によってはクレカ番号も…)

あらゆるオンラインゲームにチートプレイヤーはいる。
だがXBOX360では不正ユーザーのアカウントを停止したり
(そもそも有料サービスなので、金銭的ダメージになる)
いざとなれば本体ごとネット利用不可にされるという「抑止装置」がある。

PS3の問題は、本体セキュリティが丸裸になっているため、
ソフト会社で根本的対策がとれないところ。

(たとえパッチをあてても、すぐに上書きチートを導入される)
さらにアカウントが無料&作り放題で、
アカウント取り締まりに意味がない点が、チート増加を後押ししている。
すでに開発会社のインフィニティワードは
「問題の根本はソニーによるもの。我々の対処は不可能」とさじを投げた。

それにしても、である。

今回の件は、人気ゲームのオンラインが実質プレイ不可になった、
というだけで十分ソニーにとって、なによりPS3プレイヤーにとって
大きなマイナスだ…が、これだけで済む件とは到底思えない

PS3の鍵は、もうネットに拡散してしまった。
不法コピーを用いる「割れユーザー」も増え、
ユーザー層の質の悪化はさらに進むだろう。
悪意のあるユーザーによって、
例えば感染型ウイルスで、クレカを含めた個人情報を抜き取り、相互に感染しながらばら撒く…
などという凶悪なものさえ、
登場しないとは言い切れない。

危険にさらされるのは
「PS3を所持し、オンラインに繋いでいる一人一人(私も含め)」になる。
せめてもの自衛をしておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスエフェ、レッドデッド、フェイブル2~久々に積みゲー崩し

正月にひいた風邪がえらく長引いて、
喉をやられっぱなし。よってしばらく運動は自粛…キネクトも自粛。
10日以上もかかってようやく症状が落ち着いてきてひと安心。

運動自粛中、何やってたかといえば、
ひさしぶりの「通常コントローラーで」積みゲー崩しw
マスエフェクト、レッドデッドリデンプション、フェイブル2と、
それなりにボリュームのあるゲームを3本遊んでみた。

マスエフェクト ★★★★★
宇宙を股にかける傑作

こんなに面白いゲームを積んでいた俺は愚かであった…
思える傑作でびっくりした。
いろんな宇宙人が登場するスターウォーズ的な世界で、
文字どおり「宇宙を股にかける」大冒険ができる。

まず特筆すべきは、シナリオの面白さ。
ドラマの主人公を自分が演じているかのような
分岐しまくり(結末も当然変化する)会話システム
が凄い。
強気にでるのか、弱気に出るのか、実力行使でいくのか、話し合いで解決するのか…
ほとんどの場面でプレイヤーは決断しつつ会話をしなくてはならない緊張感が心地いい。

そしてもう一つ。
このマスエフェの舞台を作っている膨大な情報
(設定など、とんでもなく細かい)が、
世界に圧倒的なリアリティと没入度を作っている。素晴しい。
宇宙空間を旅するための技術や、
それぞれの宇宙人の歴史、お互いの確執などが精緻に作りこまれており、
会話のはしばし、シナリオにそれが絡み合ってくる。
初めてプレイすると情報量の多さに圧倒されるが、
SF好きにこれは堪らないご馳走である。

戦闘と、車両を操作しての探索部分のシステムがちょっと古臭いとか、
説明書が物凄くわかりにくくて、一見さんに厳しいとか、
粗もあることはあるんだけど…もう本編が楽しすぎて、どうでもいいw

早速マスエフェクト2を買ってこなくてはいけないかなぁ…。
(マスエフェのデータ引継ぎあり!)
というか、遊びたいなぁ。
積みゲー崩しやめて、買ってきちゃおうか。と思いつつあるw

本作はプラチナ化しているので安いし、
HDを付けていれば配信でも購入できるので、
(ディスクレスで遊べるのは快適!
アマゾンでマイクロソフトポイント
を購入してから買えば、実質2000円くらい)
遊んでない人はとりあえず買ってみるべし。


レッドデッドリデンプション  ★★★☆☆
箱庭の魅力を自ら損なっている?

よく「傑作」と評価される本作だが、私はあまり楽しめなかった。
どうもGTAでおなじみのロックスター型(?)シナリオの
進行システムが好きになれない。

全体の枠組みは箱庭なのだが、
ストーリーに関係したミッションを開始してしまうと、
いきなり自由度がなくなりステージクリア型アクションになってしまう。

この形式、箱庭の面白さを損なっているようにしか思えないのだが…

豊富な寄り道をじっくり遊べば評価も変わってくるかもしれないが、
寄り道ミッションやミニゲームも世界とシームレスに繋がってないというか…
オブリビオンやフォールアウトのように
「箱庭の中に全てがある」方が自然でいいなぁ。


フェイブル2  ★★★★☆
選択と代償の重さを感じる人生RPG

作り手の意欲と粗っぽさ、エネルギーを感じる大作アクションRPGである。
人によっては忘れられない1本…になるかもと思わせる突出した個性がある。

フェイブル(初代)はシンプルで遊びやすいところも魅力だったのだが、
今回はいろいろ盛り込んでいるせいか
インターフェイスもモッサリ風味でさくさく遊べないところが気になった。
それでも、相変わらず「人生は選択」といわんばかりの
毎度つきつけられる分岐の面白さは健在。
一度遊んだら忘れられない「フェイブル節」がよりパワーアップしているw
…ぶっちゃけ、主にメインシナリオで問われる内容はかなり重め。
「人として正しい選択」には大きな代償がついてまわるところなど、
しみじみ人生を考えさせられてしまう大人向けの苦味がある。
(そういえばこれ、絵は可愛いけどZ指定なんだよね)

一見した印象で、ライトノベルかと思って読み始めたら
純文学だったというか…ずっしり胃にくる感触。

まず一周まっとうな人生を歩んでみて、
二週目は欲望の赴くままプレイするのが常道だろうか。
サブシナリオやわき道でも、とにかくできることが多いので、
やり込み始めるとやめ時がわからなくなりそうである。

各マップの配置を一覧する世界地図が見られなかったり、
シナリオガイドのラインが親切すぎて、
本編を追っているとお使いさせられてる感が強かったり…
いい感じの素材(グラフィック、マップ、クエスト)がたっぷり揃っているのに、
組み上げる段階でちょっと粗さが入ってしまったところが惜しい。
フェイブル3は「2を終わらせてから」と考えてまだ買ってないのだが、
どうしようか…正直2本続けてやると疲れそうである。

とりあえず今回の結論。
全てのSFファン、RPGファンはマスエフェクトをやらないと損する

さて、次は何を遊ぼうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイターズアンケージ~なんとなく気持ちいい?でも駄ゲー

あけましておめでとうございます。
本年も当レビュー勝手口を、どうぞよろしくです。

Dvc00057

さて、新年一発目は、
景気良く殴りまくるゲーム
「ファイターズアンケージ(海外版)」のレビューから…。
まさか国内版が発売されると思わなかったので、
海外版を購入したキネクト専用格闘ゲーム「ファイターズアンケージ」。
ぶっちゃけ大して良い評判も聞かないゲームだけど、
一度遊んでみたいなぁ…とついつい突撃。

ファイターズアンケージ(海外版)
★★☆☆☆

で、感想ですが…なんというか、想像以上に遊べちゃいましたw
ゲーム性にクセがあり、キネクトスポーツのボクシングのように
「プレイヤーが腕を動かしたとおりにパンチが打てる」ではなく、
「パンチ」「膝蹴り」などの特定の行動をとると、
キャラが対応した技を出す、
という仕組み。
なので、誰がプレイしてもキャラの技に変化はない
つまらなそうなのだが、さにあらず。
この仕様、弱点のようで、そうとも言い切れないところが面白い。

なんせ、
誰でもできる「簡単な動き」でカッコイイ裏拳やら、
鋭い回し蹴りやらがガンガン放てる
わけで、慣れてくると爽快。
よしんば思っていたのと違う技が暴発しても、
敵の隙に出している分にはまったく問題なしw
適当に暴れてるだけで「カッコよく闘ってる気分にさせてくれる」点が
このゲーム最大のウリだろう。

ゲーム性は1人プレイに特化したバランスで、
敵の技をスウェーやガードで防いでから、
(隙は大きく、見てから十分反応できる)
カウンターを狙っていけば、安定して勝利できる。
慣れてくると、攻撃をいかに華麗にかわし、
コンボを叩き込むか、が楽しい^^


あとはいかに技をスムーズに認識させるか、なのだが、
キネクトに対し正面を向いて構え、
ステップインしないでその場で技を出す…のがコツ
のようだ。
(下手にステップすると別技が暴発しやすい)
自分のボクシングスタイル(私の場合は右構え)で
遊んでしまうとイマイチだが、ピーカブースタイルで構えて、
空手の素振り稽古のように腰を据えて技を出すとほぼ思い通り。

敵キャラに変わり映えのしないオッサンが多かったり、
対戦モードが一切なかったりと、
いかにもロンチ合わせのやっつけ感がただよう。
が「駄ゲーなのに、キネクトだと楽しめちゃう」困ったゲームでもあるw
勢いで☆3つ付けてしまおうかと思ったが、一応冷静に2つとしておく。
(…でも気に入ったのでアフィには入れちゃえ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »