« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

はちま起稿、ゲーマガともベッタリ。ネガキャン組織どこまで?

夏休みのはずなのに忙殺される毎日…
で、しばらくブログを放置していたら今度は

「はちま起稿」のアフィリンクを
雑誌ゲーマガが自分のブログへ貼ってしまう

というあり得ない事態が発生した模様。
当ブログもアフィを貼っていたりするが、
(気が向いたら踏んでってください。
”まとめブログ連合”のみなさまと異なり、
アフィ代は間違いなく私個人に支払われております

アフィ管理をしている人なら、
「他人名義のアフィリンク」を貼るなど、
まずあり得ないとわかるはず。

順当に考えれば、

「はちま起稿」と「ゲーマガ」ブログを同じ人(組織?)が
管理している、ということになる。

ゲーム界の組織的なステルスマーケティングのネットワークが
かなりのところまで見えてきたのではないかと思う。
アスキー角川から
「ウェブマーケティング」を生業とするイードが独立しており、
角川はソニー(SCE)役員の天下り先。
角川・ソニーはイードを通じて子飼いのゲーマガや、
同系統の2ちゃんまとめブログ(はちま起稿など)を使って
国内市場の情報操作(つまりは任天堂やマイクロソフト陣営のネガキャン
というところなのだろう。

ぶっちゃけ、
ソニーに批判的なことを書くと、
ファンボーイの突撃っぷりは異常
それはこのブログでもよくわかったことでもある。

こちらは「PS3ビジネスの失敗予測」をしていただけなのだが、
「はずれたら責任とれるのか」とか
「こんなキチガイ教師は許されない」などと、
人格攻撃レベルの中傷が殺到して気持ち悪いったらない
SCEが債務超過で解散した現状を見れば、
「PS3大成功」と予測してたファミ通編集長(角川傘下でしたねぇ)
アナリストの皆さんのほうが、
よほど「外れすぎて責任とるべき」だったと思うのだが…

で、今回の件で納得したのは、
こういった狂信者の活動はかなりの部分で
組織だって行われていたのであろう、ということ。
ぶっちゃけ、イードやまとめブログの
関係者が絡んでたのね
、と。

「仕事」で当ブログのような個人サイトを荒らしていた
気持ちの悪い工作員がウヨウヨいたと思うと…末期やねぇ。
…ま、とりあえず、ゲーマガは今後買うことはなさそうだ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「はちま起稿」の他、2chまとめブログ多数もソニー・角川に関連?!

さて、昨日の
「はちま起稿」が個人サイトではなく、企業の工作サイトらしい
という件についての話がさらに盛り上がっている。

昨夜から問題になっているのが、
「はちま起稿」内にソースとして埋め込まれているグーグルアドセンスの
アカウントを示す部分。
「ca-livedoor-blogmedia_js」が、
大量に各分野の2ちゃんまとめブログから見つかっている点だ。

8月12日現在、
関連スレッドでリストアップされたものを貼ると…

blog001 VIPワイドガイド 小太郎ぶろぐ
blog003 ゴールデンタイムズ カラパイア
blog004 らばQ V速ニュップ
blog005 痛いニュース(ノ∀`) スチーム速報 VIP
blog006 暇人\(^o^)/速報 ひろぶろ
blog008 ハムスター速報
blog009 VIPPERな俺
blog010 ぶる速-VIP
blog011 ねたたま
blog012 カゼタカ2ブログch
blog013 芸スポまとめblog  ヴィブロ
blog014 F1通信
blog022 ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd
blog027 テラニュース
blog035 2chコピペ保存道場
blog037 常識的に考えた
blog038 NET GAME 裏技 徹底解説
blog039 はちま起稿
blog041 オレ的ゲーム速報@刃
blog043 にゅーす特報。
blog044 アルファルファモザイク

(亜種と思われるリストは除いたが、
それでもこれほど大量に発見され、未だ増加中である)

本来、この部分はアド広告を行う際、
料金が支払われる「アカウント」ごとに異なっているという。
それなのに、多くの2ちゃんまとめサイトが揃って同じものを使っている

…それはつまり、空恐ろしいことだが、
広告収入の支払い先は、一箇所である、ということらしい。

昨日の件は
①「はちま起稿」が「イード」の元で組織的な工作に関与してたらしい
②「イード」はアスキー、角川、ソニーとの関係が深い企業である。

という話だったが、

今日はさらに加えて、
③「はちま起稿」他、上のリストにあるサイトが全て
 「身内同士」である可能性が高まってきた、
ということになる。

…たしかに、
2ちゃんのスレを直接読まず、
まとめサイトを読むことで「情報収集」する習慣の人は多い。
そこを狙い撃ちして、ステルスマーケティング
(一般人のフリをした広告やネガキャン)

は実際効果的なのだろう…真っ当な企業のやることとも思えんが。

日本もさっさとステルスマーケティングは禁止すべきかと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ブログ「はちま起稿」はネット工作の隠れ蓑か~背後に角川・SCE?

色々なゲームブログの中でも、アクセス数では
人気(?)ブログの「はちま起稿」。
だが、どうもこのサイト、個人の管理ではなかったらしい。

事情がバレた経緯が複雑なのでここでは割愛するが、
まずほぼはっきりしてることは

①はちま起稿は、自動車情報サイトのレスポンスと深い関係(関係者?)にある。

②レスポンスやゲーム情報のインサイドはネット企業イードが管理している。

③イードの会長は、元アスキーの重役も務めている藤井氏である。

この3点だ。

はちま起稿は自称「個人によるブログ」を標榜していたのだが、
現実にはネット工作の「出先機関」として、
組織的な印象操作・ネット工作に関わっていた可能性が高い。

で、以後はネットでも指摘されてる「一応」推測。
上で指摘した3点を線で繋げ、イード=アスキー間の関わりを考えると、

ソニーおよびSCE

角川グループ(元SCEの久多良木氏や、佐伯氏を役員待遇で迎えてソニーべったり)

角川グループ内部のアスキー、電撃、ファミ通

ゲーム情報のインサイド

「はちま起稿」などの工作サイト

…と、全部繋げることができてしまう。
というか
はちま起稿」が個人としては不思議なほど、
「PS3持ち上げ」&「XBOX360やWiiを捏造までしてネガキャン」していた理由

ができてしまうのである。
さらに、度々ファミ通の誌面を転載などしてアクセスを稼いでいたにも関わらず、
「はちま起稿」が一度もクレームを受けたことがなかった点も…
身内なら、そもそも訴えられるはずがないってことだったのかと。

…ま、あくまで推測だけどねw

今回の件において、
「はちま起稿」で一番不自然だったのは管理人の対応だろう。
本当にツイッターのバグによる誤解(身に覚えがない)なら
「うちが大手企業の手先らしいぞ」とネタにでもすればよかったのだ。
(私なら間違いなくそうするw)

ここ、昔はなかなか面白い記事を読ませてくれた気もするのだが、
なぜか最近は露骨なマイクロソフト、任天堂叩き、ソニーのプレステよいしょ。
挙句に捏造レベルの酷い記事が溢れていた。
ファンボーイの精神衛生維持施設のようになっていて、
どーしたのやら…と思っていたのだが…ああ、そーいうことでしたかw、と。

ソニーは従来、有名なネット工作員「ゲートキーパー(GK)」を用いて
他社の製品のネガキャン、バッシングをネット上で行ってきた。

GK問題が明るみに出たあとは、
近年は一般人を装ったサイトを作成して自社製品の「良い噂」を
ネット上で流したりと、より巧妙なネット工作を模索していた前科がある。
いうなれば「ネオGK」工作とでも言おうか。
「はちま」なども、そういう存在なのではなかろうか?

捏造まみれの「工作・ネガキャン」サイトなんて、
企業がやることじゃないと思うんだがね。

以前からやってたソニーさんが関わってるんじゃ、仕方ないか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »