« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

「実車感」あふれる一品~ポルコン(Porsche 911 Turbo S Wheel)レビュー

昨日シフトが届いたことで、
ようやくポルコンのパーツが揃ったので、早速Forza3をプレイ。
純正ハンドルコントローラと比較してのレビューをしてみる。

2009122420420000

ハンドル
2009122218560000

前々回のこの写真でもわかるように、ハンドル径が二回り大きい印象で、
革張り(合皮?)ということもあり、握った感覚は極めて実車に近い
ハンドルのフィードバックもMSハンコンとは比較にならない強さで、
このデカいハンドルが素早く!強力なトルクでぐりんぐりん回る!
…はっきり言って、フィードバック最強設定では、ほとんど凶器
とくにアライニングトルク(車が直進しようとして、自然とタイヤが前を向く力)
のガッチリ感はヤバい。
直線の高速走行中は、男性でも相当な力を入れないと回せないレベルなのだ。
…これ、一日1時間でマジでマッチョ化するぞ。
我家でも最初はフィードバック最強にしていたのだが、
あまりにパワフルで「なんのガチスポーツですか?」状態になってしまい、
強度2/3設定に切り替えた。

FFBが十分パワフルなのに加えて、別モーターで再現している振動機能も素晴しい。
同様の機能はMSのハンコンにもあるが、
振動の強弱がはっきりしてるせいか、
表現がより臨場感のあるものになっている。

また、MSハンコンでは舵角(ハンドルの最大切れ角)が270度のみだが、
ポルコンでは210度、270度、540度、900度から選択できる。
ここは900度で運転したいところなのだが、難点が一つ。
FORZA3側の描画(車内視点でハンドルを回す手)が
270度設定時の角度しか用意されていないのだ。
900度でプレイすると、実物のハンドルを半周近く回して、
やっと画面内の手が45度ハンドルをきる…と少々わかりにくい。
画面のハンドルを見ないようにすればコトは足りるのだが、
ぜひ、ドライバーの手とハンドルを表示しないオプションをForza3側で搭載してほしい。

2010,1,7追記。
コメント欄にて、XBOX360の電源を先に入れてから、
ポルコンを認識させることで、900度での画面表示が可能になる、
というご指摘を頂きました。
…おお、実際そうなってます!これは素晴しいです!
貴重なコメント、ありがとうございました!

さらに、これらのフィードバックの強さ調整や、切れ角調整、
ブレーキペダルのフィードバックのオンオフなどは、
ポルコン本体のボタンを押すことで調整メニューに入り、
LEDで設定状態を確認しながら調整できる。
最大5種類の設定が保存できるなど、隙のない作りで、
XBOX360、PC、PS3で設定を使い分けたり、
ゲームの特性に応じて設定を分けるといったことが可能。
ソフト側に依存することなく、
詳細に自分好みの調整を使い分けるこのメニューは
なんとも「贅沢」で心地よい。


ペダル

2009122520480000

最上位版「クラブスポーツエディション」に附属する「クラブスポーツペダル」である。
単体で購入すると約150ドルと、オモチャのペダル一つとしては、破格の値段。
しかし、実際に手にすると「これなら高くなっても仕方ないなw」と苦笑してしまった。
なんせ、パーツが全て金属の塊で、重量もペダルだけで6キロ。
女性では片手でもつのも困難なほどのずっっっっしりペダルである。
ブレーキには、一定の力以上で踏んだ場合に反応するABSフィードバック用モーターが
搭載され、ソフトに合わせてペダル側で調整する必要はあるものの、
ブレーキ踏みすぎをわかりやすく教えてくれる。

踏み込んだ感覚は実車の「カート」のペダルといったところ。
全て金属ということもあり、オモチャっぽさなど微塵もない
シューズを履きながらの方が良さそう…と思える「金属製のガチなペダル」である。
ブレーキには特に強力なスプリングが使用されており、
ABSが効くほど踏もうと思うと、
男性の筋力でしっかりと力を入れて踏む必要があるほどの抵抗がかかる。

プラスチック製品では、とても不可能な強度と、
本物感がこの製品の最大の売りだろう。

また、金属パーツのビス止めで作られているだけあり、
レンチ等を使えば分解、ペダルの位置調整等を細かく行うことができる。
ペダルの距離を縮めて、ヒール&トゥをやりやすくできるのが、個人的に嬉しかったところ。
(写真では、クラッチとブレーキを短め、かつアクセルに接近させてセッティングしている)

シフター
2009122420200000

ハンドル・ペダルの本物感と比較すると、
はっきりオモチャっぽさが出ているのが残念。
といっても、単体で購入しても「6速Hシフト」「シーケンシャル」の
2本セットで5000円以下、という価格を考えれば仕方ないかもしれない。
見た目もプラスチックで、使う前は不安を感じていたが、
触れてみるとカッチリした使用感があり、強度的な問題はなさそうだ。
ただ、シフトを入れるときの質感・音がプラスチックの「パキン!」という音のするクリックなのは…
可能なら、金属性パーツへの置き換えなども検討してみたいところ。

専用のスチールバーを使用して、ハンドルへ固定して使用したとき、
シフター全体を固定する剛性が不足してしまうのも悩ましい。
バーが2本平行、かつハンドルのみに固定されるので、
設置しやすい反面、どうしても強度が足りず、
シフト操作時にシフターが微細にブレてしまう
この点については、より固定力を高めれば改善するはずなので、
コックピットへの直接固定など、一工夫してみたい。


総評
転送業者を使わず、アメリカ在住で普通に購入しても約5万円。
日本への転送も行うと、手に入れるまでに
6万円程度かかってしまう極めて高額な「ゲームコントローラ」である。
しかし、ハンドルの強力なフィードバックや充実した調整機能、
ハンドルおよびぺダルの重厚さあふれる質感
少々オモチャぽいとはいえ、しっかりとHパターンが使用できるシフト
さらには、これ一台でXBOX360、PC、PS3の全機種に対応している汎用性の高さ
…などをかんがみると、決して悪い買い物ではない、と思える。

中途半端なハンドルを機種ごとに買うくらいなら、
この「決定版」といえるポルコンを1セット購入した方が良いだろう。
MSのハンドルコントローラは「遊びやすい、手軽でよく出来た玩具のハンドル」
ポルコンは「ゲームを遊べるようにした実車のハンドル」
--実際に触ってみると、そんな印象の違いを感じる。

理想的Forza環境、を追求してきた当ブログとしては、
これはやはり必須の一品…画竜点睛、といったところか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メリークリスマス

クリスマスパーティーらしきもので酔っ払って帰ってみると、
家人が受け取ってくれたシフトが届いてた。

自分にもプレゼント状態w
2009122423590000

箱から出したが、さすがに酔ってる&眠いので
設置は明日にしよう。おやすみなさい。

メリークリスマス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ちに待った荷物が到着!~ポルコン設置編

さて、
秋に注文して、今か今か今か!と待っていた荷物が
やっっっっと本日到着!

2009122218390000

ずしりと重く、でかい11キロの箱。
中身は……ポルコン(Porsche 911 Turbo S Wheel)だー!!ひゃっほーい!!
2009122218430000

さて、このポルコンは
ドイツのFanatec社が作っている高性能ハンドルコントローラで、
最高のForza3環境構築の「仕上げ」の一品として注文したもの。
最上位モデル「クラブスポーツエディション」
…479ドル(約4万5000円)という豪気なシロモノ
だ。
Fanatecは日本向けの販売をしていないので、
購入するにはアメリカの転送業者などを通す必要があり、少々敷居が高い。

こちらのサイトで親切に購入方法が書かれているので、買いたい!という人はどうぞ。
フォルツァモータースポーツ3 FAN'S SITE
…管理人も、大変お世話になりました^^

ちなみに、今最上級セットの「クラブスポーツエディション」は限定数終了となっている。
このポルコン、3グレードとも数量限定らしいので、
欲しい人は早めに注文したほうが良い?のかもしれない。

早速設置、というわけで、
まずはハンドル本体。
2009122218560000

大きさをマイクロソフトのレーシングホイールと比較すると、
ハンドル部の直径が二回り大きい感じ。
手に馴染む革巻きということもあって、
その質感、重みが実車のハンドルと良く似ている

奥行きは同じくらいだが、左右幅がないので、
設置面積は大幅に縮小している。
裏側にはクランプと、固定用のビス穴。
クランプは固定場所の厚みにあわせてアジャストできる。
我が家では厚さ4ミリほどの鉄板にクランプで固定してみたが、
かなりしっかり固定されて、グラつきはない。

次はペダルだ。
2009122218590000

アナログクラッチ付きの3ペダル仕様なので、
置き場所に一工夫必要かと思ったが、
意外にも左右幅、奥行きともにマイクロソフトのものとほぼピッタリ
実車に使えるんじゃないの?…と言いたくなるほどの堅牢、ガチガチの金属パーツの塊で、
家庭内用の「オモチャ」とは思えない重さw
フレームの堅牢さを生かして、
ブレーキペダルのバネなども、オモチャ離れした強力さ
となっている。

ヒール&トゥを考えると、シューズか、最低でも靴下は履いて遊びたい感じ。
(冬は冷たいしw)

と、いうわけで、これにて設置完了♪
2009122220170000

早速乗るぞ!と言いたいところだが、
実は…シフトがなかったりする。
ハンドルにはパドルシフトが付いてはいるものの、
クラッチ対応の6速Hシフトとシーケンシャルシフトがこのセットには付属する。
なぜないのかというと…Fanatecが入れ忘れたからw
(公式ブログで報告があり、現在2日遅れで成田空港あたりを移動中…)

シフトもないことだし、
使用感はまた次回報告。
(…といいつつ、実は既に鈴鹿を10周以上走って
猿化してたりするんだけど…パドルでも十分楽しいやw)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スクエニ:FF13は初日で100万本を販売した「もよう」だ

日経に笑えるニュースが載っている。

スクエニ:FF13は初日で100万本を販売した「もよう」だ

>100万本を突破したもようだと発表した。
>小売店の販売動向や、同社の出荷状況などから判断した

つまりこの記事、スクエニ自身の
「100万本売れた…と思うんだよね」という勝手な判断が根拠なのである。
自社製品の販売好調を、自社ソースで報じてるのが笑いどころ。

FF、ドラクエなどの大型タイトル発売時には、
初日の販売データが調査会社のエンターブレインか、
メディアクリエイトから発表されるのが通例。
好調な初日売り上げを報じる記事は普通
(エンブレ調べ)か(メディクリ調べ)の推計販売本数をベースに報じられる。

それが今回に限り、
ファミ通(調査能力をもつはずのエンブレ)さえ「100万本販売(スクエニ調べ)」と記事にしている。
おまけに、初日売り上げの数字がどちらの会社からも発表されないw
はっきりいって、前代未聞w

…これじゃ何も後ろ暗いところはない、と思う方が馬鹿である。
ネットでの評判を見るに、どうやら
FF13は退屈な戦闘と、一本道マップばかりの
相当なクソゲー
…らしい。
その真偽のほどは置いておくとしても、
口コミでジワ売れする良作ではなさそうだ。
スクエニとしては、初動販売命のFFだけに、なんとかして「初日から好調」の
雰囲気を作りたかったのだろう。

でも、ファミ通やメディクリが
「そこまでの数字は出てないので捏造できない」とつっぱねた結果が
今回のお笑い大本営発表ニュース出現の背景ではなかろうか。

あとはこの数字と整合性のとれる「初週売り上げ」数値をファミ通が来週発表、
真の初日販売数は闇の中…というシナリオか。
大手広告主のスクエニが「初日で100万本だからな」と釘を刺した手前、
あまりに整合性のない数字はエンブレも出すのをためらうはず。

…うーむ。さすが証券畑出身のスクエニ和田社長。
自社業績を推測だけでアピールしつつ、調査会社を黙らせたのだとしたら、
見事な手並みである。えげつなさにも程がある^^

| | コメント (24) | トラックバック (1)

グランツーリスモのデモ配信が欧州で始まるらしいが…この出来は…?

ここ数年、まっとうな新作の出ていないグランツーリスモだが、
(5000円の体験版であるGT5Pと、PSP用は除く)
12月17日から欧州で最新デモ配信が開始とのこと。
最近では来年3月についにGT5本編が発売されるのでは?と
噂になっていた…が…

…今回配信のデモはこれなんだそうだ。


…なんつーか。PS2版ですか?とマジで思ったぞ
PS3で3年もかけて、マジでこんなにショb(自粛)

比較用に同様の構図をFORZA3で再現していた人がいるので、
そっちも貼っておこう。

足回りの動きや、音のクオリティ、ライティング、影の精緻さ…多くは語るまい。
大口ばかり叩いて「結果はこれさ」のポリフォニーデジタルに、
そろそろGTファンは怒ったほうがいいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時間モノSF好きなら是非!~シュタインズ・ゲート

周囲のフレが次々にハマっていくのを見ていて、
積みゲーだらけのクセについ手を出してしまった「シュタインズ・ゲート」
遊び始めたら当然のようにのめり込んでしまい、
1週間ほど見事にシュタゲ漬け。
実績1000まで遊んでしまった。
2009121020550000


このノベルゲームは、偶然できてしまった
「メールだけ過去に送れるタイムマシン」
をめぐるSFストーリー。
…この設定だけで
「面白そうフラグ」が立ってしまうような
オヤジSFファンな人は、是非買ってみてほしい。

なんといってもシナリオのクオリティが高い。
特に構成がしっかりしており、
時間モノの「おいしいところ」が全編にたっぷり詰まっている。
突っ込みどころがないとは言わないが、
全体をしっかりした「この世界のルール」
が貫いているので、世界観にブレがない。
見かけはライトだが、ちゃんとSFしてる

冷徹な時空(神?)のあり方に対し、
仲間のために試作タイムマシン一台をもって対峙する主人公。
痛みや哀しさもたくさんあるからこそ、
得られたもの、守れたものもまた輝く…
「若いっていいなぁ」
「仲間っていいなぁ」と素直に思ってしまった。



ちなみに、このゲームにはトゥルーエンドが存在するが、
そこまでの道はかなり険しい。
(ただし、初回プレイでもいきつける…条件さえ満たせれば)
攻略wikiなどで詳しく解説されているので、
そちらを参照すれば簡単だが、「どうしても自力で」というこだわり派には
ちょっとだけヒントを。

①チャプター4からトゥルーエンド分岐の条件判定が始まる。
②ある人と「メール仲良くなる」実績が解除できたら、とりあえず4章は成功。
③5章から先もフラグは全てメールの中にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »