« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

ドリームクラブが届いた

2009082800260000

遊んでみた。

…とりあえず、

かみさんがいたら、かなりやりずらいぞ、これは(汗
お酒飲みながら、だんだんふにゃーっと
していく空気と会話が気恥ずかしすぎる…なんか無性に楽しいが。

遊んでいたところをかみさんに後ろから見られそうになって、
おもわずシイタケ押して、ポーズをかけてしまった。

でもこれ、
もしかすると、出会いの場が水商売なだけで、
かなり骨のある恋愛アドベンチャーになってる気もする。
とりあえず、かみさんの目を盗みつつ、地道に進めてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Forza用 3面マルチモニタ計画 ~まとめ~

さて、明日のドリクラが来てしまう前に、
マルチモニタの話を締めくくっておこう。
2009082400250001

結局のところ(今のところForza2を)
24インチ×3画面環境で遊ぶにはいくらかかるのか、だが…

まっさらな状態からだと、
Xbox 360(60GB)×3
iiyama 23.6インチワイド液晶 PLE2407HDS-B1×3
フォルツァ モータースポーツ2 ×3
Logitec スイッチングハブ(5ポート)
Xboxの本体をアーケード(19,800円)にすれば、
全部コミで13万円弱。
とりあえず、これで最低限遊べる。

実際3画面組む人は、
すでにXbox360やモニタを1台は所持していることが多いと思われるので、
普通の1画面環境に8~9万円プラスというところ。

本当にまっさらからなら、加えて
Xbox 360 HDMI AV ケーブル
(これがないと、HDMIと別に音声出力できない。Xbox360エリートなら付属)
レーシング ホイール
スピーカーセット(1000円~数十万円まで)
さらに、Xbox本体がアーケードなら、ドライブを静穏化するためのHDD×3台
(ヤフオクで20Gを探せば1台3,000円~)

…できればここまでは揃えたい。
サラウンドにこだわったりせず、数千円のスピーカーにして、
HDDはオークションから仕入れれば、
なーんにもない状態から15~16万円で揃う。
イスやら台やらはお好みでどうぞ。

こうして見ると、
数年前に20インチのHDディスプレイが10万円して、
3画面を最低限組むだけで
40万円コースだった頃から比べれば、ずいぶん安くなった。
…とはいえ、それなりの投資ではある。
ゲームにそれだけ支払う価値があるかどうか、だが、
これは組んだ立場からすると「損はない」と言っておこう。
なぜか、といえば話は単純。
Forzaというゲームが
「車を走らせることが好きな人」にとっては、
現状ベストな傑作で、
そこに「実車並の視界」を持ち込むことに
十分価値が見出せたからだ。

Forzaの最大の特徴は、
家庭用ゲーム機で遊べるレースゲームの中で、
ぶっちぎりにリアルな挙動と音

を実現している点だ。
フレンドにもForzaのプレイ中はBGMを聴かない、というプレーヤーがことのほか多い。
タイヤのグリップ限界を知る、ブレーキロックを知る、
他車の位置を知る、路面状態を知る…
Forzaのサウンドはエンジン音のクオリティが高いだけでなく、
「車を操る」ために必要な情報が詰まっている。
音以外にもハンドルのフィードバック、振動…
Forzaはリアルな挙動を様々な手段でプレイヤーに伝えてくれる。

また、挙動計算が、
他ゲームと比較してリアルであるゆえに「ピュア」でもある。
特にスピン時や片輪を縁石に乗り上げたときの
「アクシデント」でそれはハッキリする。
「実際に車を操作していれば、こう暴れるだろうな」という形で車が暴れ、
ゲーム的なアレンジ・不自然さはほぼ感じられない。
ゲーム初心者にとって
「他車にぶつかれば車が破損する」
「減速しなければカーブは曲がれない」といった点は
敷居の高さかもしれないが、
逆に実車に乗っている人間には当然のことだ。
実車でスムーズな走り、速い走りをするつもりで運転すれば、
Forzaでも速いドライビングが可能になるところが凄い
のだ。

この優れた挙動を備えたForzaで、
3画面を構築するとどうなるか。
ただ横幅が広がり、迫力が増す…だけではない。
24インチ×3画面ともなれば、
横幅は150センチ以上となり、
視界はほぼ前方180度をカバーする。
これは視界が実車に極めて近くなるということ。
ヘアピンコーナーでは斜め前を見ることで
コーナー出口の角度を確認しながらライン取りを調整できるし、
ドリフトも車を横向きにしたまま、先の路面を確認できる。
「実車を運転してるときのような視点移動」で運転している自分に気付く。

所詮ゲーム、ではあるが、
今家庭で楽しめる最もリアルなシミュレーションを
実車と同様の視界で体験する…
このことには十分な価値が感じられた。

…ぶっちゃけさ、現実の方の愛車のタイヤやホイールを
1セット交換する費用を考えれば…
十分元がとれる「大人の遊び」かとw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

我家的Forza計画3 ~なんとか完成~

マルチモニタ計画も、いよいよ大詰め。
Xbox360を3台接続し、
Forza3は発売日に3セット購入するとして、
まずはForza2で試験運用(というか遊びたい)
することにした。

ソフトは以前頂いたものを含めて2本もっていたので、
中古を1,800円で1本買い足し。
2009082519290000

忘れていた5ポートハブを一緒に購入して、
ようやくこれで、モニタのミニ貧弱スピーカーでなら、
3画面で遊べる状態になった♪

…と、思ったのだが、
一度目は普通に遊べたのに、
自分のメモカにゲーマープロフィールを入れて、
自分のタグでオンラインにつないで遊ぼうとしたら、
いきなり3画面ができなくなってしまった。
真ん中だけの1画面表示で、左右のマシンとのリンクができない(汗

何がおかしい?とさんざん悩んだ末、
2時間後に原因が判明。
実は、
Xbox360のゲームは、プロフィールを作って、
Xbox Live(つまりネットワークサービスね)に加入した状態でないと
ゲームごとの更新パッチが当たらない。

本体の更新がネットに線を挿すだけで自動的にされることもあって、
新しい左右の本体は「どうせ画面写すだけだし」と
プロフィールを作らず放置したのが原因だった。

プロフィールを作ってサービスに加入するのは無料だが、
純粋にめんどくさがったのがマズかった。
自分のメモカを挿したメインマシンにはパッチが当たったのに、
左右のマシンにはパッチが当たらず、
Forza2のプログラムがバージョン違いになってしまった
というわけだ。

一瞬青ざめたぜ。マイクロソフトさん。
左右のマシンに適当なプロフィールを作成して、
(自分のメモカを挿してやるだけでも良かったんだよね…よく考えれば)
Forza2の自動パッチが当たったところで、再リンク。
めでたく解決。

…さて、これであとは音だけとなった。
これは
YAMAHA AVX-S30(B) ブラック
が地元の店で激安だったのを発見。
思わず購入してしまった。

これで音も含めて3画面環境完成。
2009082400220000

いやー、めでたしめでたし^^

おまけ。
3台ともプロフィールをもっているので、
それぞれにデモ版やら、ムービーやらはダウンロードできるわけで…
2009082400510000
こんなことも、できます…お馬鹿すぎw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

我家的Forza計画2 ~モニタ3つって、でかいね…~

着々とForza計画(というか、要するに「3画面」)
が進行中♪

さて、アマゾンからディスプレイとモニターアームが届いたので、
早速セットを開始。日曜大工みたいで楽しい^^

ディスプレイはコレ。
iiyama 23.6インチワイド液晶ディスプレイ PLE2407HDS-B1

これで2万円を切るのだから、
時代は変わったもんだ、と素直に感心。
私が買ったときは
19,761円×3枚だったので、合計で59,283円ナリ
3枚合わせても、
以前から使ってる三菱24インチの半額くらいって…ホント、安くなったもんだ。

2009082014580000

ドン、と3枚設置してみたが…凄い迫力で、ちょっとビビる。
…下の茶色いデスク(幅120センチ)から、両端がガッツリはみでてる

左右モニタを裏から支えるアームには
上海問屋 シングルモニターアーム(2関節モデル) DN-ARM192
を2本使用。

これ、同程度の保持力をもつアームの中では、価格がお手頃。
2本買って1万円ですむにもかかわらず、とにかく頑丈なので、
ディスプレイがブレなくてかなりイイ感じ。
どちらかというとクランプが強力すぎて、
ニトリのデスクに負担がかかりそうなくらいだったので、
補強用にカマボコの板をはさんでみた。
(写真手前にある白い四角がソレ)

裏から見ると…
2009082014560000
こんな感じ。

一つだけ、ちょっと反省点があるとすれば、
どうせ真ん中のモニタをそのまま置くなら、
同サイズでピボット(画面回転)のできるコレ

iiyama 23.6インチワイド液晶ディスプレイ PLB2409HDS-B1

にしても良かったかもしれない。
2kg重いらしいので見送ったのだが、
アームで保持しないなら、
縦シューもできるし…と、欲張りすぎだね。

次はいよいよXbox360を3台設置せねば。

やってみて気づいたんだけど、
これ物運んだり、つなげたり、コード縛ったり…で、
かなーりな肉体労働だったりする。
3画面作るなら、ヒマと体力があるときがお勧めかも。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶりにPS3話。買いやすくなったのは○

PS3のネガティブな話を書くと、荒らしが増えるって凄い。
しかも、これウチのブログだけじゃないってんだから。

その大半がただの中傷やあてこすり…
PSに不満があるならSCEに突撃した方が効果的だし、
満足してるなら嫌いなブログなんか見ないでゲームで楽しめばいいのに。
記事違いや中傷は削除するルールだけど…いい加減面倒やね。

最近PS3の記事を書かない理由は単純。
一つには、PS3の窮状が予想以上で、
「わざわざネガな話をウチで書かなくても、十分情報が出てる」から。
みんなが知ってることをわざわざ書く必要はないなあ、という話。
なのにあえて今回またPSの話を書いてるのは
「コメント集約のため」なのであしからず。
ついでにこれまでのように野放しだと荒れるので、承認制にさせてもらおうと思う。
(良心的コメントでも、こちらのズボラさで
掲載遅れたりするかもしれないので、
先にそこは謝っときます。ズボラですいません

さて
今回のPS3の値下げで突撃してきた人がいるけど、
2006年度 2,323億円
2007年度 1,245億円
2008年度  585億円
2009年度 4~6月で340億円
これがソニーのゲーム事業の赤字。合計ざっと4,500億円!
こんな決算数字で無事に商売続けるだろう、と思え…ないでしょ。やっぱり。
証券屋さんが撤退予想して当たり前な窮状は、まだまだ続いてる。

昨日のテレビ東京のニュース動画も貼っておこう。(画像はアップしてくれた方に感謝)
http://www.tv-tokyo.co.jp/newsfine/pipito/post_46.html
Photo

「値段を下げてもまだ一番高い」
「一番台数として伸び悩んでいる」
「そんなにリスクを背負ってまでこの事業、続けなければいけないんでしょうか」
「辞めるのではという話もあったんですが」
「大和総研によれば原価は4万円程度ということで」
…アナウンサーもずいぶん手厳しい。

今回の値下げ、ソニーにとっては大きな賭け。
世界市場でXbox360との差が1000万台ほどに開いてるから、
うまく勢いがついても最下位脱出とまでは難しいだろう。
失敗したら、それこそ逆ザヤまみれの財務的大ダメージで、
事業の今後はさらに厳しくなる。
(上の赤字額を思い出してもらいたい)

果たして値下げ効果がどれだけもつか?
ソニーの財務がどうなるか?
興味深いといえば興味深いが、どっちかというと痛々しい話だ。


まあ、
それでも無双とか、国内の続編タイトル好きなPS2層、
かつBDをもっていない人には
29980円のPS3はそれなりに魅力あると思う。
なんにせよ値下げはユーザーにはグッドニュース。
9月のガンダムと428から、年末のマルチタイトルが牽引して、
国内ではそれなりに本体も売れるはず。

個人的には25000円で、TRICOとGOW3をさっさと出してきたら
出てるゲームだけでもなんとか元がとれそうな気がする…ってところかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我家的Forza計画その1

さて、お盆も終わってようやく東京に戻ってきたわけだが…

夏休みの勢いで、
少々気が早いものの
Forza計画を進めてみることにした。

2009081919440000

さて問題の、物置部屋に放置していた
レーシングシート「武者震」(…今は購入できないみたいだけど)
「鉄騎」にハマッてた頃のイキオイで、
半額くらいになっていたのを思わず買ってしまったのだが、
結局リビングには大きすぎて、しまいこんでしまった。
…かみさんも怖かったし。

ちなみに、これ「鉄騎」バージョンなので、
コントローラー用の設置台(というか鉄板)もオマケについている。
付けるとこんな感じ。

2009081919430000

…いかん、鉄騎やりたくなってきた
環境が出来上がったら、
ついでに初代箱とドリキャスとPS2もセッティングして、
プレイルーム化してしまおうか。

で、そのむこうにどーんと広がるこげ茶色の板が
先週ニトリで買った
フリーデスク 9,990円なり
これ、幅があるだけでなく、高さが調整できるスグレモノ。
武者震で遊ぼうとすると、高さ60センチくらいのデスクが欲しくなるのだが、
一般のデスクは高さ70センチ以上あるものがほとんど。
これは60センチから88センチまでアジャストできるのが地味に偉大だったりする。

上に24インチディスプレイを一つだけのせてるので、ちょこん、として見えるが、
これを複数置くとなると、なかなか大変。
11,990円の150センチ幅デスクなら、そのまま並べるのも可能だが、
さすがにでかすぎて置きたくなかったので、今回は幅120センチの机を使用。
これにディスプレイアームを組み合わせてセッティングしてみることにした。

…さて、追加のディスプレイやら、アームやらがそろそろ届きそうだが、
いい大人がこんなもん作っていいのか?…と不安になってきたw
なんか凄いボリュームだなこれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

我家的Forza計画開始…でもとりあえずフェイスプレート

家庭内の模様替え(?)を近々することになったので、
いい機会だ、とばかりに空き部屋で
FORZA3用の「ベストな環境」整備
に挑戦してみることにした。
物置部屋に眠ったままのレースゲー用シートも活用したいし。

まあどさくさにまぎれて
かみさんの稟議を通しただけ
だったりするのだが。

「足りないもの」は
いろいろあるが、とりあえずXbox360の本体をもう2台ほど手に入れておきたい…
というわけで、せっかくならと
フェイスプレート特典のあるマグナカルタ2とセットで購入してきた。

Ca7xs1jg


これが特典フェイスプレートでは珍しく黒基調で
現在メインのエリート本体とぴったり。ちょっと嬉しい。
(ぶっちゃけ他のフェイスプレートでエリートと合うのは少ない…)

マグナカルタ2のゲームそのものは…しばらく積みゲータワーですみません(汗
なんせギアーズ2が楽しすぎるし、
フォールアウト3の追加シナリオも遊びたいし、
レッドファクションゲリラも…まったく時間が足りないぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「ギアーズオブウォー2」レビュー 即買うべき傑作

20090805192739


昨年の秋発売され、
世界で600万本という大ヒットを記録している「ギアーズオブウォー2」
半年以上遅れてようやく日本語版が登場した。
爽快さとグロさの微妙なラインをついた残虐描写に
CEROがケチを付けたのが発売の遅れた原因とも言われるが、真相ははてさて。

そもそもCEROってのはよくわからん団体だ。
首がすぽーんと飛んでしまうバイオ5をD指定(子供でも買える)にしておきながら、
このギアーズの発売を遅らせて…なんてところを考えると、
国内利権保護にしか見えない。
中身じゃ勝てないから、海外ゲーの営業妨害ですか…?

ってな気分にならないこともない。

まあ、ね。
実際ギアーズ2をやると、
そんな噂まで信じさせられてしまうくらい「凄い」
そもそもギアーズは前作でもきわめて優れた操作性、
ゲーム性を備えた傑作TPSだったが、
そこに怒涛のエンターテインメント性を盛り込んだのが今回の「2」だ。

快適なオンラインはさらに充実し、ルールもマップも大増量。
前作では比較的ストイックな銃撃戦のイメージが強かった
キャンペーン(シナリオモードのこと。二人協力プレイ可能)も、
ストーリーがガッツリと長くなり、
乗り物やら、ボスキャラやら、映画的演出やらがてんこもり。

もちろん、ただゲームの合間にムービーを流すようなショボい演出ではない。
プレイに組み込まれた、より臨場感を高めるための仕掛けが
これでもか!と詰め込まれた。

20090805193647


映像のクオリティにも正直驚きである。
ギアーズ1も当時「XBOX360の限界」と言われていた映像美を誇っていたのだが、
今回はその映像描写のスケールが桁違いにパワーアップした。
遠景で敵が数十人走り回るわ、天変地異!が起きるわ、
巨大なクリーチャーがうろついてロケット弾をぶっ放すわ…
そんな世界でドンパチやらかすわけで

迫力と広がりを感じる空間表現が素晴しい。

20090805193437


キャンペーンを最後まで遊ぶと、
正直「XBOX360ってこんな表現できる性能あったのか!」と驚ける。
アンリアルエンジンを開発した連中だけあって、
技術力の高さが圧倒的なのだ。

発売が遅れたことを最初に書いたが、
実はマイクロソフトからの「お詫び」ということなのか、
日本版のギアーズ2にはオマケもてんこもりだったりする。
まず、海外では有料配信された追加対戦マップが「全部タダ」。
さらに、先月海外でも配信されたばかりの追加ステージも「タダ」。
海外では2000円以上かかった追加コンテンツが、全部最初から入っている。

日本語吹き替えも前作で好評だった日本版キャストを受け継いでいるので
「プランBでいこう」
「ああ?ねえよそんなもん」

の漢臭さにホレてた人もご心配なく。
大人の男同志の一見クールな、
しかしその中に熱さを感じさせる絶妙なかけあいがイイ。

…と、いうわけで、
どこにケチつけるんだ?というくらい
エンターテインメントとして完成している1本
である。
発売が遅れた点と、
せいぜい一部の「乗り物ステージ」がちょっとダレたかな?というくらいか。
このゲームならではの圧倒的「エンターテインメント性」
は他のTPSゲーを大きく引き離している。

点数はさきほどの項目をちびちびっと引いて98点
…ということにしておこう。
引いた分を考えても、
本来なら100点つけて十分お釣りがくるクオリティだ。
マストバイの傑作である。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

夏だねえ。

人がGoW2で遊んでるうちに…やれやれ

<良い子のおやくそく>
記事違いの誹謗中傷は、
自分のチラシに書きましょう。

お子様の増えっぷりに夏を感じるねぇ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »