« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

Xbox360用アイドルマスター PSP版の収録曲を誤配信してお祭りに

よくあるアニメ風美少女ゲーかと思いきや、
ぶっちぎりの映像クオリティと作りこみで
何かと話題になったXbox360用「アイドルマスター」。

新曲や衣装、ミニドラマなど、バンダイナムコに
「コンテンツの販売によってソフト売り切り以外のビジネスが可能になった」と言わしめた、
ある意味小金もちのオジサン殺しなゲームである。

先週はPSP用の「アイドルマスターSP」が発売。
性能差が大きいため映像がかなーり劣化してしまっており、
Xbox360と見比べるとどうしても…なのだが、
PSP版ではこれまでCD「マスターアーティスト(MA)」シリーズのみに
収録していた曲がゲーム中に使用できるウリがあった。

…ところが、である。

今日、2月28日の朝、ほんの2時間ほどだが、
MA曲の中でも(私の)お気に入りの「隣に…」「CosmosCosmos」が
Xbox360用追加コンテンツとしてフライング配信
されてしまった。
カタログ「14号」となっているメニュー画面から見て、
どうやら5月に配信するべきデータを3ヶ月早く公開してしまったようだ。

ミスはマイクロソフト側にあったのではないか、と思われるが、
バンナムは大騒ぎだったろう。
PSP版の追加コンテンツ(曲、衣装)でひとまず利益を上げ、
その後「おまたせしました」といいつつXbox360用の
高クオリティ版の新曲を配信…これがバンナムの計画だったはず。
昼以降、いっせいにニコ動画などに上がっていた
Xbox360版「隣に…」「CosmosCosmos」動画が削除されたところを見ても、
かなり大きなポカだったのは間違いない。

私のように
「Xbox360版は面白かった。PSP版の追加要素も見てみたいが、
クオリティを考えるとなかなか買う気には…」というプレイヤーは、
これでPSP版を買わなくなることは間違いあるまい。
待っていればXbox360用のクオリティで追加曲が手に入るのだから。
…申し訳ないが、個人的にはぶっちゃけちょっと嬉しかったりするw



…それにしても、
私のような消費行動をする人間はきっと少なくないだろう、と考えると、
今回の誤配信はマイクロソフトの差し金?なんて思えてきたりもする。
PSP版の売れ行きを牽制しつつ、
Xbox360からの古参ファンには、しっかりフォローする予定があるとアピール。
しかも、Xbox360用「アイドルマスター」2タイトルをセットにした
廉価版「ツインズ」発売直前、という完璧なタイミング。

バンナムに違約金でも払う準備を済ませているのではあるまいか?w

「できすぎてる」としか思えない
鮮やかな「ミス」である。
はてさて、真相はどうなのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロストプラネット2発表!前作より大進化の予感

20090223203958

本日、Xbox360向けに
「トップシークレットトレーラー」ということで、
ロストプラネット2の動画が配信された。
トレーラーからクリエイターのインタビューを除いた部分を
ちょっと上げてみたので、まずは見て欲しい。

インタビューによると、
この画面はほとんどが「ゲーム画面」
というから大したクオリティである。
これは期待できる。

しかも、動画を見ると協力プレイは4人らしい。
開発者いわく「巨大なエイクリッドとみんなで戦いたいという声が多かったので」
…どうやらモンハンのような遊び方もできるようだ。

動画を見ると、他にも
チーム対戦で猛威を振るいそうな移動シールドやら、
複座型のパワードスーツやら。
前作は初心者でも楽しめる良対戦ゲーだっただけに、
正統&大幅進化の2になりそうだ。


…あとね。蛇足かもだけど。
開発者いわく
「今回はさまざまな雪賊の視点を描くので、
前作のような1人の主人公というのはいません」

韓国芸能人を
イヤイヤ操作しなくていいってのが、
個人的に一番嬉しかったりしてw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Fallout3日記「8 仕えし者」

核戦争から200年経ったこの世界で
変わらずせっせと働くやつらがいる。

ロボット。
仕事はそれぞれだ。
今でも人を助けて働くものもいれば、
主のいなくなった地を守るものもいる。

彼らはとにかく融通がきかない。
愚直に主のいない場所を淡々と守り続け、
侵入者があれば果敢に戦い、時に壊されていく。

今日、俺はある文書を探して、
公文書館を訪れた。

文書保管庫を目指して奥へ進むと、
次から次へとロボットの群れ。
俺を「侵入者」とみなしている。
容赦のない歓迎だ。

いくつものロボットを破壊しながら、
最奥部までたどり着くと、
似合わないカツラをかぶった一体のロボットがいた。
すごんで詰め寄ってきたが、なんだか滑稽だ。

20090208234611


「我々はイギリス軍に敗北しない」

…?

話を聞くと、この200年間
彼はアメリカ独立の功労者になりきって
イギリス本国と戦っているらしい。
孤独な世界で、誇りと文書を守り、
「アメリカ独立」のために指揮してきたという。

彼の中では、500年前に終わったはずのアメリカ独立戦争が、いまだ続いていた。

彼を破壊することはたやすい。
でも、そうする気持ちにはなれなかった。
…代わりに俺は「正統な代表者」になりきることにした。

「ついにアメリカは独立を達成した。独立宣言書はこれより安全のため移送する」

独立…200年の悲願が叶った彼が感激の声をあげる。
本当のアメリカは、500年前に独立していて、200年前に滅びた…でも、
そんなことを伝える必要はない。

「これにて任を解く。長きにわたる任務、本当にご苦労だった」

…「長い休息をとらせていただきます」
そう言って、彼は動きを止めた。

カツラをかぶった姿が、
誇らしげに見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝3万ヒット!

昨日、
本ブログ「レビュー勝手口」の総ヒットが3万件を突破しました!
パチパチパチ

ひとえに、読みに来てくださっている皆様のおかげです。
誠にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

マサミネ

<近況報告>
スト4のランクマッチ…主に「お色気担当」キャミーで参戦中
レースドライバーグリッドとフォールアウトが中断しているのに、
明日はスタオーが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドラクエ9が来年度に延期…FF13は再来年度?

ドラクエ9の発売が3月から7月へと急遽延期になった。
すでにコンビニなどでも予約を受け付けており、
流通への混乱は避けられない状況だ。

このニュースで興味深いのはFF13への影響である。

ドラクエIX発売延期、FF新作「XIII」に影響も(ITmedia)

スクエニはこれまでドラクエとFFのナンバリングタイトルについて、
発売年度を別にする、という戦略をとってきた。
二本を同年度にリリースしてしまうと、
その年度の売り上げだけが拡大してしまうからだ。

上の記事でも指摘しているとおり、
ドラクエ9が来年度にずれ込む、ということは、
FF13の発売がさらに延びる可能性が高くなったことを示す。

スクエニにとっての会計年度は3月末〆であるから、
来年度のドラクエ9と年度を変えるとなると、

FF13の発売は「2010年4月以降」

PS3にとって貴重な「期待の新作」だったはずのFF13だが、
無事に本編が発売されるのか、いよいよ怪しくなってきた。
この状況を受けて、他サードや小売のPS3を見る目はますます厳しくなる。

…このところの動きを見るに、
スクエニは本気でPS3を退場させたがっている、と考えて間違いあるまい。
Xbox360には3連続のRPGラッシュだけでなく、
FF11やシルフィードといった作品を提供してきた。
だがPS3には一本も自社ソフトを投入していない。事実は雄弁だ。

今回のドラクエ9延期自体は、おそらく延期をせざるを得ない原因があってのものだろう。
しかし「どうせ延期するリスクをとるのなら」とばかりに、
逆手にとってPS3販売の流れをコントロールする抜け目なさ(?)は、
さすが金融出身の和田社長だけある、というべきか。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

Fallout3日記「7 夢の中」

親父の足取りを追う俺は、
自分が育ったところとは別のVaultシェルターを探すことになった。
親父はそこに向かったという。

入り口は見つかった。
中のシステムも死んではいない。
人の死体もない。
律儀に働いているのはロボットだけだった。
俺は奇妙な機械のある部屋に案内された。

20090106194009


そして、そこで
…夢を見た。

20090106200010

平和な世界
平和な生活。
退屈な日常。
崩れてない家。

こんなものは、
核で全てが消える前は、
あたりまえに、
そこらじゅうにあった景色なんだろう。

誰も世界を悲観したり、
戦争の恐怖を口にしたりしない。
くだらない夫婦喧嘩。
隣人の愚痴…

こんな「あたりまえ」が
今の世界にはない。
たとえ夢でも、
そっとしておきたかった。

しかし、明るい歩道を歩く老婆は俺に言ったのだ。

「この悪夢を終わらせて」



…結局、俺は夢を終わらせ…親父と再会した。
他に手はなかったのか?
…心の中では、そう自問していた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

祝「R-TYPEディメンションズ」発売

いきなり、
Xbox360用のR-TYPEリメイク版
「R-TYPEディメンションズ」が配信されていた。めでたい。

内容は、ゲーセン版ⅠとⅡの合計14ステージ。
これは買うしかない!というわけで、早速ダウンロードした。
1200ポイント(1800円)はちょっと高いけど、許容範囲かな。

このゲーム、どこがリメイクかというと、
ゲーセン版(20年くらい前だ…)そのままの2Dグラフィックに加え、
3D版で描き直したリメイク版が収録されているところ。

しかも、ゲーム中ボタン1つで、いつでも2Dと3Dを切り替えられる
というギミックがついている。
ゲームはそのまま続いていくので、
意味は「全くない」…のだが、なんか無駄に凝ってて楽しいw

↓ちょこちょこ切り替えながら遊んだステージ1の映像

こんな「くだらない」機能
(といいつつ、ツヤツヤしたドブゲラで満足なんだけど)
を頑張って搭載してるところを見ると、
開発会社(海外)のスタッフはよほどR-TYPEが好きだったんだろうなあ、と思う。

まあ、R-TYPE自体が古いゲームなので、
若い人が遊んで楽しいかどうかはわからないが、
オンラインで協力プレイもできたりするので、
フレンドとまったり遊ぶには悪くないかと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

素敵な馬鹿ゲー「ニンジャブレイド」

ニンジャブレイドをクリア

面白かった!
初代Xboxの大統領こと「メタルウルフカオス」で壊れた(褒め言葉)
と評判だったOTOGIチームだが、
今回もちゃんと壊れてたwよかったよかった。
ぶっ壊しまくり&ぶっ飛ばしまくりのアクションシーンと、
大馬鹿で豪快なトドメムービー。
いやー笑った。

とりあえず、どんなゲームか気になった人は、
この1面ボスの「トドメブロウ」を見ていってもらいたい。

ネタバレなのは申し訳ないが、まあ一体だけ、ということで。
大量に出てくるボスのそれぞれで、このノリをやらかすんだからたまらない。

ゲームシステムを冷静に見れば、
デビルメイクライ風のアクションに、
場面をつなぐムービー
(ボタン&レバー入力をするクイックイベント)が
挿入される「ダイナマイト刑事」。

だが、ムービーへの移行がシームレスで、
豪快すぎる馬鹿ムービーが、
上手くアクションと繋がっているため、
遊びなれるとどんどんテンポが良くなってくる。
古典的なシステムの組み合わせながら、
バランスよく煮詰めることで、
しっかりしたエンターテイメントに仕上がっている。

なお、難易度はあまり高くない。
ニンジャガのハヤブサさんほど、
上達に鍛錬が必要ないので、初心者にもお薦め。
初心者でも簡単コンボ、強力武装で、
ちょっとなれれば、キミも無敵超人「ニンジャ」である。
ミスしたときも、すぐ手前から復活できる親切設計^^

強いて難を挙げれば、
1ステージが20分~1時間ほど、
とちょっと長めなので、途中セーブと中断が欲しかったかも。

評価は、
独特の「気持ちヨさ」を評価してまず85点
そこに「大統領」ファンとして
ゲストのマイケルパパにボーナス5点
合計90点としたい。
(マイケルパパ、ネタバレなので書かないけど…笑えるよ^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »