« 1万ヒット突破に感謝&PS3撤退を考える根拠について | トップページ | 北米の12月商戦結果から~PS2、長いことおつかれさま »

PS3の件でいろいろコメントいただいて~ちょっと?雑談

2日間ほど炎上していたこのブログだが、
大量の感情的反発に混ざって、
いくつか丁寧な反論コメントを頂いた。
まず、ここまで全コメントを読んだ感想を一言。


これだけPS3を擁護してる人がいるのに、
「面白いゲームが出るから」という主張がないって…
…それって…どうなん…



…えと
説得力のあるコメントと、
そうでないコメントの境目について、
ここからちょっと、というか長々と書いてみる。
敬語ナシで、ちょっと言いたい放題書くので、
気分害されたらごめんなさい。

結論を書くとこういうビジネスの話では、
説得力のあるなしは
「定性」で終わるか、「定量」まで語るかで決まる。

何件か「PS3にはネット動画配信がある」
「サービスに投資してきた」
「BD需要がある」
「コストダウンで本体黒字になるはず」
「収益改善のための施策はやってる」
などなど、ポジティブな「要素」を書いてもらったが、
そのどれもが「定性」的なものばかりだと、
書いてる人は気づいただろうか?

本当に大切なのはそれが
「いつまでに、いくらかけて、いくら儲かるのか」の
「定量」的な部分だ。

頑張ってようが、
投資たくさんしてようが、
ファンの思いがあろうが、
サービスの種類が増えていく見込みがあろうが、
金が儲からなきゃ赤字ビジネスは終了。
儲かる金額、用意する金額を「定量」的に
論じないと、説得力はない。


たとえば配信事業について、
ソニーの第二四半期連結決算の資料をあたると、
配信事業が含まれる「その他」事業の業績は、
昨年同期比で見ても減少している。
いくら雑誌ニュースなどで
「配信がんばるよ!!」とアピールしても、
業績レベルで見れば「結果出てない」。
これじゃ説得力のもたせようがない。

じゃあ将来性は?ということになるが、
映像配信を例にして、おせっかいだが、
「定量」的な(超アバウトだけど)推察をしてみる。
(※本当に推察。参考になる良いデータがあったら、見てみたい)

映画一本を配信するとして、価格はいくらになるか?
市場で受け入れられる価格とすれば、せいぜい一本500円といったところか。
それ以上課金したら、よほどの僻地住まいでないかぎり、
レンタルビデオ屋との競争に勝てまい。

その作品がグループ内部のものじゃなければ、
コンテンツ利用料は別に発生する。
配信の手間を肩代わりする代償として、
6割をソニーがもっていける、と仮定しても、売り上げは300円。

ちなみに、日経によればソニーのゲーム販売におけるロイヤリティは15%ほど。
8000円のゲーム一本が売れれば、ソニーの売り上げ1200円。

…とすると、毎週1本映画を借りるほどの映画好き
(これは平均から見ればかなり頻度が高い優良ユーザーだろう)で、
やっと月1本ゲームを買う人と同じ売り上げ、ということになる。

しかも、このお金は投資のかからない
「ロイヤリティの吸い上げ」とは違い、
設備投資を前提とする。
ユーザーを1000万人規模でかかえ、
世界的にブロードバンド配信事業を行うためには、
相当なシステム構築・維持費用が必要になる。

それを「会費無料」でやると、
全部さっきの一本300円、でまかなわなければならない。
仮に500万ユーザーが有料サービスを利用し、
月二本、有料の動画配信を利用したとしよう。
(本体販売2000万台に満たないPS3で、これは脅威の利用率)

…ここまで「頑張って」軌道にのせて、
ソニーの売り上げは1年間でやっと360億円
…1兆円を売り上げて、昨年度1200億円の赤字を出したゲーム事業と比較すれば、
規模の違いは伝わるだろう。
ここまでいくまでのコスト、時間を考慮して、
果たして儲けとしていくら残るか?

よしんば成功しても、軌道に乗せるまでの運用コストは赤字だし、
逆に顧客が減っても費用はかかり続ける。
投資だけして失敗したら…目も当てられない。

「映像配信」とか「ほかのサービス」とか
ポジティブな要素を挙げるのは容易い。
ソニーはPSBBなどでも、さんざん出来もしないポジティブ要素を語って
売り上げを伸ばしてきた「前科」さえある。
しかし、こういった「いくらかかって、いくらもうかる」の部分で
成功の見込みが立ってない話では、説得力をもたない。

直近2年半のSCE決算
2006年度.10,168億円 ▲2,323億円 PS3発売
2007年度.12,842億円 ▲1,245億円
2008年度 4,981億円  ▲341億円 (上半期)
(…jqeさんのコメントよりちょっと拝借)

私が
PS3ヤバイ!と考える理由はつまるところ、

「カネがない」

これに尽きる。
その現実に対する反論として
説得力をもたせるなら、
「homeはいついつまでに、こうやって儲けて黒字になる」
「配信はこれだけ普及させて、これだけ儲かる」
といった定量的な話をする必要がある。

…本来、こうした内容をファンや株主へ説明していく責任はソニーにある。
それが全然聞こえてこないのだから、
私は「あー、もう投資も無理なほど厳しいか…」と思って、
撤退予測をしている。

一番責められるべきは、
説明もせず、無責任な経営で
ファンを裏切ってるソニーとSCEだと思う。

|

« 1万ヒット突破に感謝&PS3撤退を考える根拠について | トップページ | 北米の12月商戦結果から~PS2、長いことおつかれさま »

ゲーム業界」カテゴリの記事

コメント

全コメントを読んでの感想がそれかい!www

真面目に語ってる長文があるからそれについて反論なりなんなりしてくれよ。前回のコメント欄の最後のほうにあったぜ?

反論が思いつかんからとりあえず茶を濁してみましたー、っていうんならあんたレビュアーの資格ないよ・・・

投稿: | 2009年1月15日 (木) 23時19分

金が無い?
それはどこの企業も同じだと思いますが?

投稿: | 2009年1月16日 (金) 11時32分

Xbox360の場合は日本から撤退して当然だしするべきでもある、ということか
将来性ゼロだし
まぁそうだよね

投稿: | 2009年1月16日 (金) 11時42分

 PS3事業が赤字なのはハードの逆ざやが殆どなので、ハード収益が黒字になれば一気に定量的な儲けが見込まれますよ。逆に言うとSCEの決算で黒字が出た時点で、PS3の逆ざや分を補填するほどの利益を他であげたということで、ある種SCE事業全体の順調さを表してることとなります。今年は多くのSCE製ソフトも出ますから、そのあたりの収益も結構な額になるでしょう。ただ円高ですので、逆ざや解消は予定より遅くなるでしょうね。
 所詮ネットサービスは付加価値と小遣い稼ぎにしかならないと思います。そもそもこれらのサービスは、SONYの事業全体でのエンタメとエレキとネットサービスの融合というPS3の立ち位置を示す意味が大きく、SONYにとってゲーム事業はこれからも大切なものであるという証左にすぎないのです。
 あとPS3のソフトウェアに関しては他ハードよりは遙かに未来がありますね。サードの大作ソフトは殆どマルチなので、SCEはファースト製ソフトに力を入れてます。今年出るだけで話題作が何本もありますし、もしかするとGOWやGTなどと言ったキラーソフトも年内に間に合うかもしれません。逆にMSは自社スタジオをどんどん畳んでいて、新作ソフトの噂すら聞こえてきません。
 ゲームは四面楚歌なSONYにとって唯一と言っていいほど成長事業であり、撤退する意味はSONYにとって財政的にも企業イメージ的にも全くないと言えるでしょう。

投稿: シマウマ | 2009年1月16日 (金) 12時01分

 またしても非常にレベルの低い内容の記事で、よくぞ二十歳を過ぎているであろう大人がこんな背伸びした中学生レベルの文章を恥ずかしげもなく世間にさらせるものだと感心しながら読ませていただきました。

まず最初に言っておきたいのですが、

>これだけPS3を擁護してる人がいるのに、
?「面白いゲームが出るから」という主張がないって…
>…それって…どうなん…

ごめんなさいね、あなたはこれまで散々ゲーム事業は儲からないから撤退だと述べてきたわけですよね?
おもしろいゲームが出れば撤退しなくて済むという考えなんですか?
ここに来た人のほぼ全員がそんなレベルの話をしにきたようには見えなかったのであなたの論点がさっぱりわからなくなりました。
おもしろいゲームが出たら撤退しなくてもいいんですか?
違うでしょう?
なんだか力が抜けてしまいましたよ。失笑

 さて、結局のところ「あなたはソニーのゲーム事業は儲かっていないから撤退するんだ」と言いたいだけのようですね。
ごちゃごちゃと幼稚な文章を付け加えこねくりまわしていますが、たった一文であなたの主張は全て表現できますから、無駄にネットにデータを流さないでいただきたいと思います。

それっですね、たしかに儲かっていないのだから撤退の可能性が高いという主張自体は間違っていないでしょう。
それは正しいです。
任天堂のように性能が低くて粗悪品のWiiを洗脳まがいの勢いで宣伝しぼったくり価格で売りつける任天堂が大儲けをしたのを見ると消費者を馬鹿にしきって金儲けに走る方が実に正解です。

ですがね、ゲームファンとしてどちらがいいのかって話になってくるとは思いませんか?
任天堂のように汚い手口を使うか、ソニーのように本当にいいものを安く消費者に提供するか。
どちらが満足できるでしょうか。

たしかに金融危機の影響でソニーとしても赤字のゲーム事業を切る決断を迫られているかもしれません。
ただ、それはPS3が赤字だとかそういった問題ではなく金融危機の影響によるものです。
金融危機がなければソニーは本来ゲーム事業の撤退など露ほども考えはしなったでしょう。
あなたのいう撤退は、想定外の金融危機による撤退なのか、それともゲーム事業そのものの失敗による撤退なのか、どちらなのでしょうか。
金融危機による撤退であれば、それは企業が生き残る上での選択であり、それによってPS3が失敗だったとかそういう意味での撤退ではないでしょう。
おわかりですか?

 また、PS3はWiiより一万円少々高いだけで性能的にも機能的にも遙かに優れています。
しかし、金融危機の影響はソニーだけではなく消費者の懐までも直撃しているのです。
任天堂に騙されてWiiみないなゴミを買ってしまったけど次はPS3を買おうと思っていた人がPS3を買うのを取りやめてしまうかもしれない。
PS3でブルーレイを見るためハイビジョンを買おうと思っていた人がまだポンコツテレビを使い続けよう、PS3もまだ買うのはやめようと思うかもしれない。
結局はソニーのゲーム事業が問題なのではなく金融危機というハリケーンのせいなのです。
ハリケーンで倒壊した強度の弱い建築中の家を笑えますか?
ソニーのゲーム事業はこれから本番というところだったのです。

 もう理解できましたか?
ソニーの撤退を騒ぐ前にあなたがすべきことは、金融危機により赤字部門を切るという選択は決してソニーのゲーム事業の失敗を意味するものではないと正しく理解することです。
PS3は数年は赤字、しかしコストダウンを進め、ハイビジョンの普及に伴い伸びていく予定でした。
事実ハイビジョンの普及率は飛躍的に伸び、ブルーレイ映像ソフトも爆発的に伸びています。
が、金融危機の影響でハイビジョン、BDレコーダー、PS3といった高付加価値商品の伸びは鈍る可能性が高くなってきました。
すべては金融危機が原因であり、もしそれがなければソニーとしては赤字など屁ともないぐらい、これから未曾有の収益を獲得できる事業だったのは言うまでもありません。

 これ以上説明は必要ないでしょう。
いつまでもグダグダと「赤字だから撤退」などと聞き分けのない語彙の少ない子供の如くわめき散らすのではなく、グローバル経済を見通してゲームを語っていただきたいと思います。
今回のあなたの失態は今は恥でしょう。
しかし、この一時の恥を乗り越え成長していただきたいと思います。
応援してますよ、頑張ってくださいね。


投稿: A助様@お兄やん | 2009年1月16日 (金) 14時09分

定量的な議論といいますが、上でも
>>1万ヒット突破に感謝&PS3撤退を考える根拠について
でも定量的な議論をしていませんよね

逆ザヤ解消について、触れないのはどうしてでしょうか?
そろそろCellが45nmプロセスに移行する時期であり、発熱が減るために部品が減り、原価はかなり収まります
去年の12月の記事には45ドルの逆ザヤがあるとかかれています。ファーストとサードのソフト1本ずつで元が取れる計算です。もちろん本社の人権費等ありますから、それだけでは黒といえませんが

http://www.ps3-fan.net/2008/12/ps353isuppli.html

PS3ソフト売り上げは右肩上がりであり、ロイヤリtィ収入も順調に増えています。ゲーム事業を続ければ、ここも順調に増えていくでしょう。

また原価のうち多く占めるであろうBDは、世界の数割をPS3が占める状況であり、今もソニーの(青色ダイオードを含めた)生産ラインの大半はPS3向けでしょう。このラインがなくなったら、スケールメリットがなくなり、生産コストは激増します。
本社のBD事業は立ち行かなくなるでしょう。
PS3撤退=本社のBD事業の壊滅
です。映画事業もかなりの影響を受けるでしょう。

今ソニー本社は不調で、リストラや不採算部門の改革が必要です。なぜ大きなソニーの中でゲーム事業を完全撤退させると思うのでしょうか?
あるとしても値下げをしない等の事業の縮小のほうが現実的だと思うのですが。

最後に、本社は、小さくてこれからは赤字額が減っていくことが確実に見込まれるゲーム部門を切り、撤退に莫大なキャッシュを使った所で助かりはしません。
巨大な本体の改革が必要です。

投稿: おカネについて | 2009年1月16日 (金) 14時55分

現状ではPS3撤退どころか、PSPも含めたゲーム事業撤退も視野に含むべきではないかと
思うんですけどね。それぐらい両機種は全世界で惨敗しているわけですし。

まあ、PS/PS2の成功で傲慢になり、ユーザーを無視して自社都合を優先させてしまった報いだと思うんですよ。

投稿: | 2009年1月16日 (金) 17時17分

あと、A助様@お兄やん氏が「PS3の撤退はない」と言った事が最大の撤退フラグですね(笑)

投稿: | 2009年1月16日 (金) 17時19分

>これだけPS3を擁護してる人がいるのに、
?「面白いゲームが出るから」という主張がないって…
>…それって…どうなん…

ごめんなさいね、あなたはこれまで散々ゲーム事業は儲からないから撤退だと述べてきたわけですよね?
おもしろいゲームが出れば撤退しなくて済むという考えなんですか?
ここに来た人のほぼ全員がそんなレベルの話をしにきたようには見えなかったのであなたの論点がさっぱりわからなくなりました。
おもしろいゲームが出たら撤退しなくてもいいんですか?
違うでしょう?
なんだか力が抜けてしまいましたよ。失笑

正論ですねぇ
論点ずらしは格好悪いですよね

投稿: | 2009年1月16日 (金) 22時18分

僕PS3のこといろいろ言われて嫌な思いしたけど、エウレカ大好きなんで許しちゃいます( ● ´ ー ` ● )

投稿: | 2009年1月16日 (金) 22時25分

今回の言ってる趣旨は分かりますよ。データを上げている莫大な赤字が出ているから、それを上回るだけの各サービスにおける利益の数値を述べなければ意味がないという事でしょう。

動画配信でこれだけ儲かる、ゲーム事業では来期はこれだけ黒字の見込み、という事でしょう?

今回「撤退」について述べている訳ですけど、ゲーム事業における撤退とはどういう状況なのかまず知ってほしいです。かつてのPS2世代までのゲームハードは総じて1強の時代が続きました。生き残れるのは1つのハードという状態で、国内で580万台以上売れると1000万台は確定で売れるという説もあり、逆に580万台以下のハードは負け組みのハードという理論です。

これは今までの数値がそうだったから出てきた理論ですけど、言いたいのは580万台越えのハードが1つだけ勝ち組に今までなってきた訳です。

今の世代と1世代前の世代の最大の違いは「1強時代の終焉」なのです。かつてハードメーカーが同時期にゲーム機をぶつけて生き残りをかけてきたわけですけど、今世代は初めて「全機種生き残り」が成功した希有なケースなんです。

かつて死亡宣告されていたPSPも私は初期から今の状況を予想してましたけど、世間はDS勝利、PSP死亡の見方でした。ですがすでにPSPは1000万台越えており、負けーハードとは言えない状況です。

PS3も前回等で述べた通り、SCE的にはPS3のスペックやHDの利点が効いて来るのはPSPと同じくハードの中期から後期にかけてと予想しているはずです。

今の時点で最終的に今まででたPS3の赤字を全て将来的に回収できるかどうかは分かりませんよもちろん。ビジネスは儲からないと終わりというのももちろんです。

ここで抑えておきたいのは撤退に関してだけなのです。撤退とは将来的に勝ちハードになれる状況では全くなく、今後収益が改善する見込みもない場合です。セガのDCが正にそうでした。

PS3は明らかに違います。数値とか悪魔の証明持ち出すのもどうかと思いますけど、こういうPS3を取り巻く状況から撤退という考えは出ないですよ。

投稿: たけぽん | 2009年1月16日 (金) 23時07分

PS3持ってないのにGT5Pや白騎士をクソゲー呼ばわりする人に

PS3ゲーム面白いです、なんて言っても無駄なのはみなさん理解してるのです

残念ながらあなたは動画評論家と同じ事レベルです

投稿: | 2009年1月16日 (金) 23時22分

 最近はソニーを批判すればカッコいいんだと考える子供が増えたように感じます。
当然ここのブログはそういった子供レベルの哀れな大人が必死に騒いでるだけのブログですね。

 そもそも、面白いゲームというのであれば「龍が如く3」はPS3でしか遊べません。
アイデアを活かしたゲームはWiiで出るといった思い込みも「のびのびBOY」のPS3配信800円で崩壊しました。
PS3って凄いんですよ。

ソニーを批判するだけではなく、ぜひPS3でゲームを楽しんでいただきたいと思います。
それで満足できなければXbox360も買えばいいのです。
それだけのことですね。


投稿: A助様@お兄やん | 2009年1月18日 (日) 05時36分

FF13の体験版同根本体も発表されてしまって
いつ撤退するんですかね

投稿: テタイテタイ | 2009年1月19日 (月) 21時48分

損切りの損が大きすぎて、逆に切れない(切るという決断ができない)という、どうしようもない状況では?

投稿: むー | 2009年1月22日 (木) 21時49分

ブラビア復活にPSNを利用するため、しばらくはPS3を生かしておく必要がある、
というのが撤退しなかった理由のようですね。
エレキとゲームの連携といえば聞こえはいいですが、
実質は液晶テレビ部門によるPSN併合なんじゃないですか、これ。
ゲームのためのPSNがブラビアのためのPSNになりそうです…

で、用が済んだらPS3はポイ、ですかね?

投稿: もー | 2009年1月23日 (金) 16時39分

こういう言い争いを見ると、なぜPS3ユーザーは360ユーザーを相手してるのか疑問に思う。
PS3は、圧倒的なブランド力とブルーレイの大容量の利点を生かして勝ちハードになるはずだった。
しかし愚かにもソニーが調子に乗って変なハードを作ったから、サードを360へ逃がしてしまうわ、撤退の噂が出るわの危機的状態。
こうなった原因はソニーだろ?怒りを向ける対象を間違ってるぞ。

投稿: | 2009年1月23日 (金) 17時09分

この人
ソニーの入社試験受けて 落ちたんじゃないの?w

投稿: | 2009年1月24日 (土) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510412/43752193

この記事へのトラックバック一覧です: PS3の件でいろいろコメントいただいて~ちょっと?雑談:

« 1万ヒット突破に感謝&PS3撤退を考える根拠について | トップページ | 北米の12月商戦結果から~PS2、長いことおつかれさま »