« 北米の12月商戦結果から~PS2、長いことおつかれさま | トップページ | Fallout3日記「5 スリードッグ」 »

プリンスオブペルシャの吹き替えが酷すぎる…

プリンスオブペルシャをクリア。

ゲームとしてはなかなか良い。
初心者への配慮が、
おせっかいなほどしっかりしてる。
「不親切」な洋ゲーのイメージはすっかり昔話だね。

壁走りで、これ以上走ると落ちる…っていうタイミングで
姿勢を崩して限界をわかりやすく示したり。
飛距離の足りないジャンプをした瞬間に画面がモノクロになって、
延長(エリカの助け)を入力しないといけないのがわかったり。

落ちまくってナンボのジャンプアクションなのに、
プレイしていて「覚えゲーだろ!」と感じる部分が
ほとんどないってのは大したものだと思う。

内容的には買って損なし。
ユニークなエンディングも見る価値あり。
内容になら、80点あげられる。

ただね。
あの吹き替え(特にヒロイン)は
500%ミスキャストだろ!
エンディングまで、ずっと棒読みのヒロインってどうなのよと。
プリンスも力入りすぎでうまくないし、
翻訳そのものが下手で会話がかみ合ってないところ多すぎるし…
ローカライズのダメさで、20点くらい減点したくなってしまった。

ぶっちゃけこれなら、本体設定英語にして、
英語音声&英語字幕でいいよと。

いろいろ内部的な事情ってのがあって
キャスティングされたのだろうが、
選んだヤツは反省すべきだと思う。
…ついでに、英語音声&日本語字幕で遊べるオプションをつけてくれ。

せっかく良いゲームなのに、
ローカライズでダメにしてしまっちゃ、
本国の開発者に顔向けできないだろ。
UBI本社が実情知ったら、怒るレベルだぞ。これは。

|

« 北米の12月商戦結果から~PS2、長いことおつかれさま | トップページ | Fallout3日記「5 スリードッグ」 »

ゲームタイトル」カテゴリの記事

コメント

プリンスオブペルシャ気になってたんですが、面白いようですねぇ。
ローカライズは重要ですよね。Fallout3とかあれだけ膨大な量を日本語化してくれてすばらしかったです。日本でもソフト売れてくれないと今後が心配ですわ。

投稿: ハリー | 2009年1月20日 (火) 01時21分

今作のPOPはうまくプレイ出来ると音ゲーみたいな爽快感があって楽しいと思います。
映画の吹き替えでも話題作り見え見えのキャストが後を絶たちませんね…誰も望んでないという事を制作者側には分かって欲しいです。

投稿: | 2009年1月20日 (火) 20時54分

今日の日経新聞でゲーム部門を強化するまたいな記事が出てましたが
いつテッタイするんでしょうか?

投稿: | 2009年1月22日 (木) 11時51分

ほんと…吹き替えで元のゲームのよさを
台無しにしてしまうってのは
あんまりな愚行ですよね。

なけなしの話題性と引き換えに、
ゲームそのものの価値を下げるのは
もうやめてほしいものです。

あと、撤退の話は記事違いなので、
関連記事のコメント欄へお願いします。

投稿: マサミネ | 2009年1月25日 (日) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510412/43795707

この記事へのトラックバック一覧です: プリンスオブペルシャの吹き替えが酷すぎる…:

« 北米の12月商戦結果から~PS2、長いことおつかれさま | トップページ | Fallout3日記「5 スリードッグ」 »