« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

Fallout3日記「3 地雷原」

女の依頼で、地雷原へ行くことにした。
地雷だらけのゴーストタウンがあるのだという。

土産に地雷を一つもってこいとか、
言いたい放題言ってくれる。

20081220212755

いざ街に着くと、
言われたとおりに地雷がゴロゴロしてる。
慎重に一つ一つ解除しては、荷物にしまう。
…店に売れば、それなりの儲けになりそうだ。

ぴしゅっ

…なんだ?

突然、近くにあった自動車の残骸が燃え上がった。
この世界の自動車は核動力だから、
爆発するとシャレにならない。
大急ぎで車から離れる。

自動車が大爆発を起こす。
俺はすんでのところで、
巻き込まれずにすんだ。

慎重に地雷拾いを続ける。

ぴしゅっ

…まさか?

そのまさかだ。
近くにあるさっきとは別の車が
火を噴きつつある。

どうやら、
地雷拾いに夢中になっている俺を
誰かがスナイプしてるらしい。
誘爆に巻き込もうとしている。

壁や瓦礫に隠れながら、スナイパー探し。
見つけた犯人は、白髪を生やした壮年の男だった。
野盗には見えないが…殺されるわけにはいかない。
なんとか距離を詰め、
ハンティングライフルで仕留めた。
死体を調べると、
家の鍵のようなものをもっていた。

街の中にわずかに残る
「まだ建っている」家。
その中の一件がどうやらコイツの家らしい。
鍵を開けて、中にスルリと忍び込む。

20081220213640

…仲間の反撃を予想したが、
中は不思議なほど静かだ。

エントランスわきの階段で、
2階に上がる。
階段を上りきったあたりに、
なぜか野盗の死体が転がっている。

…なんだ?ここは。

2階には子供部屋と、
夫婦の寝室。
幼い子供のための
玩具や本が散らばる。
しかし、子供の姿はない。

部屋の奥で
ようやく1人の住人を見つけた。
それは座った姿勢で眠っているかのような…婦人の死体。
死んでから、ずいぶん経っているようだ。

ようやく俺は、
なぜここが地雷だらけなのか、
あの狙撃者が誰だったのか、
理解できた気がした。


…この世界は、
本当にクソッタレだ。

メガトンへ帰って眠ろう。
そう思った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Fallout3日記「2 メガトン」

20081220231153

シェルターから出た俺が
最初に訪れた街、メガトン。

原爆の不発弾のまわりに出来た、
死と隣り合わせの奇妙な街。

家も、通路も、全てが廃材でできた、
朽ち果てた街。

でも、そこには人が住んでいた。

昔悪党だったヤツ、
街の保安官を自認してるヤツ、
ズルくて金に汚いバーの経営者、
ガーターを付けて誘う商売女

…人がいるっていいもんだ、と思う。
汚れきったトイレに、
崩れそうな足場。
爆弾を崇める終末論者のカルトたち。

そんなところでも、
そんなヤツラでも、
誰もいない廃墟と比べたら、
なんか、いいもんだ。

雑貨屋の女が、
サバイバルの本を書きたいと言ってて、
地雷原に行ってくれだの、
放射能を浴びてみろだの、
物騒なことを頼んでくる。

最初、まっぴらだ、と思っていたが、
結局引き受けた。

理由は…そう、金だ。
なぜかコーラ瓶のキャップが、この世界じゃ金の代わり。
シェルターにいた俺は、
そんなゴミを集めているわけがない。
…つまり、スカンピン。

金のないやつには何一つ手に入らない街、
それがメガトン。
ま、仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fallout3日記「1 外の世界へ」

20081220203051

Fallout3が素晴らしすぎて困る。
他のゲーム全部そっちのけで、
見事にはまってしまった。

微妙にネタバレを含みそうな気もするが、
小説「風」にプレイ日記でも
書いてみようと思ってしまった。

と、いうわけで…
このゲームの良さが、
少しでも伝われば、良いなぁ。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1「外の世界へ」

20081220203402

俺は、Vault-Tec社のシェルターで生まれた。
親父は技術者、母親は俺が生まれた日に死んだ。

20081220203853

10歳の誕生パーティーで、初めて情報端末「PIP」を腕につけた。
「一人前だ」といわれた。
でも、一度付けたら外せないってのは知らなかった。
このデカい腕輪と一生付き合うことになるらしい。

20081220204942

16歳のある日、
くだらない職業適性試験を受けさせられて、
「プログラマー」になることが決まった。

2077年に世界が核戦争による終末を迎えてから、
200年が経っているという。
Vaultのシェルターだけが、
この世に残った最後の楽園なのだという。

ずっと変わらない、シェルターの景色。
安全で、未来のない、緩やかに死にゆく閉じた世界。
そこでずっとずっと続くはずの人生。


19歳になった。
幼馴染のアマタが俺のところに来たその日、
全ては変わった。
彼女は、俺の親父がシェルターを脱走したと告げた。
シェルターはいつの間にか厳戒態勢で、
親父の助手だった優しいジョナスおじさんは…殺されていた。


--なぜ、安全なシェルターを出ただけで、殺される?
…ここは、何かが、おかしい。


シェルターから出ても、
不毛の、死の大地があるだけだ、
そう聞かされていたが、選択の余地はなかった。
アマタの手引きで、
なんとか分厚いドアは開いた。

20081220210611

そして、
外にあったのは、
初めて見る空と、
見渡す限りの廃墟、
瓦礫の山。

それだけだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは…本当に神ゲーかも知れない…Fallout3が凄すぎる件

ようやくラストレムナントのエンディングに到達。
これはこれで良し。
技術的には粗がやっぱり目立つが、
実にどっぷり遊べる良ゲーであった。

で、以前国内版の規制問題で
ちょっと書いたFallout3を遊び始めた。




…ふぅ

これは、ヤバい。
ため息しか、でない。
凄すぎる。

詳しくはまた書きたいが、
これは本当の神ゲーかも知れない。
クエスト一つの削除云々で、
スルーなんて考えられないほどの
凄絶な作品である。
とりあえず買わなきゃ駄目だ。これは。

ここまで迫力のある「終末の世界」を
仮想とはいえ、見せてくれる、歩かせてくれるメディアを
他に私は知らない。
ゲームというメディアのパワーを
再認識させられた。

どこもかしこも、視界の全てが、
絶望に満ちている。
廃墟のスーパー
廃墟の警察署
廃墟の公園
廃墟の教会
廃墟の…

廃墟の小学校を通りすがると、
壁のほとんどなくなった校舎の傍らに、
朽ち果てたブランコとジャングルジムがあった。

それだけで、十分なのだ。

なんの文字も説明もいらない。
ただ歩いているだけで、
たまらない哀しさ。

…ったく。なんつーものを作ってくれるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CNNがソニーを痛烈批判「PS3は沈みゆく船」

CNNが痛烈なPS3批判を行っている。
まずは読んでみてほしい。

CNN:Sony's PS3 A Sinking Ship: Sales Plummet(PS3は沈みゆく船。売り上げ急落)

簡単に意訳してみると、こんな感じだ。

-------------------
ソニーのPS3「沈みゆく船」~売り上げの急落

ソニーのPS3が棚の上で死につつある。
3種類の据え置きゲーム機売り上げにおいて、NPDの11月分統計によると、
PS3の売り上げは昨年11月に比べて19%ダウン。
昨年は466,000台だったが、今年は378,000台しか売れなかった。

ソニーの問題は、不況によるものではない。PS3のせいだ
MSは昨年の777,000台と比べ、836,000台の立派な結果を出した。
任天堂のWiiも引き続き市場をリードし、昨年の981,000台を倍以上の204万台と拡大している。

なぜ、これほどPS3は悲惨なのか?

1 市場で最も高価である。ライバルと比べて、150~200ドルも高い
  いくらゲーム市場が「不況しらず(実はそうではないが)」といわれても、
  消費者は景気の冷え込みによって、よりゲーム機の価格に敏感になる。

2 PS3の強みとして、ブルーレイプレイヤーとしても使える点があるが、
  誰もハイビジョン映像の再生に興味をもっていない
  50インチ以下のテレビでは違いもわからない。

3 PS3には、魅力的な独占ゲームが全くない
  リトルビッグプラネットは話題にこそなれ、ゲームの変革を生むほどのものではなかった。
  プレイステーションHOMEも同様だ。

ソニーがゲーム市場に残るための唯一の選択肢は、
富裕層以外にも受け入れられる大幅な値下げだ。
PS3のグラフィック性能は素晴らしい、と言ってみても、
400ドルの本体と平凡なゲームラインアップでは、
200ドルのXbox360相手に勝ち目はない

---------------
…いちいちもっとも。
当然の批判であろう。

ソニー自身が自画自賛するばかりで、
顧客にとって魅力あるゲームも、
サービスも提供してこなかった
詐欺ハードが「PS3」だ。

国内ではおそらくソニーからマスコミへの
「年末の売り逃げまで待ってくれ」との
根回しが済んでいると思われる。

そのせいか、
ソニー最大の「不採算部門はPS3である」点が
明確に指摘されていないが、
国内マスコミも、真の消費者利益を考えたら、
ソニーへの義理など投げ捨てて、
このようにハッキリ報じるべきだろう。

クリスマスやお正月に、
なけなしのお金を無駄にして泣く子供を
増やさないためにも。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ドラゴンクエスト10、Wiiで発売!

連日のビッグニュースに驚くばかりだ。
Wiiファンの方々には、素直に「おめでとう」である。
私もそろそろWiiを購入してみようか…
このニュースは、
昨日に続き、ハード戦争の終結を象徴しているのは、
ゲームファンなら説明不要だろう。

これでゲーム市場は、
一般・ライト向け=Wii
コアファン向け=Xbox360
携帯機=DS

…と綺麗に分かれた状態が出来上がるはずだ。
サード、小売店にとっても過度に顧客が分散しない、
稼ぎやすい市場
になることが期待できる。
(その前にはPS系の大量在庫を抱えた
小売りが経営難に直面してしまうとは思うが…
市場を読む力が足りなかったと言うしかあるまい)

3年後くらいには、
「高性能路線」のXbox後継機と、
「新たな提案かつ性能底上げ」したWii後継機で
また良い戦いを繰り広げてくれるのではないかと思う。

それにしてもこの1年、
スクエニ和田社長の手腕は見事だった。
夏までは開発スタッフに「FF13はPS3」とコメントさせて時間を稼ぎ、
PS3大コケが表面化する直前にXbox360版を発表。
ソニーとのパイプを一瞬でMSとのパイプに置き換えた外交手腕は
さすが金融出身である。

2年経つのにPS3で一本も発売していなかったり、
大作RPGを続けてXbox360でリリースしたり、という点を振り返れば、
和田社長ら、スクエニ経営陣は相当早い時期から
PS3の失敗を見抜いていたはず。

①PS3用FF13開発に関するSCEとの契約をたがえず、
②スクエニがPS3と心中しないで済むよう防御し、
③サードにとって扱いにくいPS3に早めに引導を渡す
…この1年間のスクエニの動きは、
この三点を全て達成させることを
目的にしていたのではないか。
…今日のトドメの一撃までは、
スクエニのシナリオどおりだったのでは?

…Xbox360用FF13の国内投入が最後の爆弾、というわけだ。
これは来年早々には爆発しそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3事業も終了間近か~ソニーの大リストラ開始

ソニーが8000人をリストラ

ついに、というべきか。
とうとう、というべきか。

ゲーム業界にとっても、大きな事件といえる。
ソニーのプレステが終わった」ことが
広く世間に周知されてしまったのだから。

記事の内容、さらにソニー本社のプレスリリースを読むと、
資金繰りが悪化し、
「春までの存続さえ心配されるソニーの噂」が、
杞憂とばかり言っていられないと思えてくる。
株価の低迷で、ソニーは今月18日に
2500億円の支払いが待っている。
現金資産の半分ともいわれ、
通常の運転資金さえも
不足が懸念されているレベルなのだ。
ソニー本社(SCEというレベルではない!)の
背骨にヒビが入っている
のである。

このリストラはまだ「第一弾」に過ぎないはず。
なんとしてでも、
他部門を切り捨ててでも生かさねばならない「本業」
のエレクトロニクス部門に大ナタをふるっただけだからだ。

本社から「目の仇」にされている
「大赤字で不採算」のゲーム部門には、
これからどんなナタが振り下ろされるのか…
今日のニュースほど「甘い」内容ではないはず。

思えば数日前、
グランツーリスモの山内プロデューサーが、
ちゃっかり韓国ゲーム会社の顧問になっていた
のも、「こうなること」がわかっていたのだろうね。
…プロローグだけ売ってトンズラとは、
まったくご立派なクリエーター(笑)…つーか、ただの業界ゴロだな。コイツは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このままじゃ価値ゼロ!バイオハザード5の体験版が酷すぎる件

今日はXbox360版バイオ5の体験版配信日だ。

結構期待してた。
シリーズのファンでもある。
4以外はベロニカもゼロも全作クリアした。

で、ダウンロード開始になって、
ワクワクで遊んだ。


見事に裏切られた。このままじゃ ダ メ だ。

この操作性で、今の世界レベルについていけていると、
カプコンは真剣に考えたのだろうか?
特に操作性の酷さは、想像を絶する。

具体的に挙げておくと、

銃を構えるとピクリとも動けないから、
 立ち位置による照準の微調整ができないし、
 敵から逃げては振り返って立ち止まって撃つ鬼ごっこになる…どんなお笑いコントだよ。
カメラ操作しながら走れないから、まっすぐ走るしかない。とまってカメラ操作でカクっと方向転換。
視界が狭くて、周囲の確認ができない。

操作性だけではない。
映像も静止画こそ美しいが、
ゲームになると萎える表現だらけだ。
壁にひっかかってるのに地面をスーっと滑るように足だけ動かして方向転換するゾンビ
・やる気があるのかないのかまったくわからないモッサリ棒立ちの敵
・ショットガンで撃ったときの重さの全くないふっとび方…ドリフのカトチャンですかと。

正直、タイトルにこれだけ酷いことを書いたのは、
それだけ好きだったシリーズへのこだわりなのだ。

開発者はぶっちゃけ発売延期をしてもいいから、
デッドスペース並みのプレイ…
「快適操作で、動きもスムーズなのに、ちゃんと怖い」
に挑戦してもらいたい。

残念だが、今のままでは
グラフィックだけ綺麗な「ただの凡ゲー」である。
買う価値はない。

12月7日追記
上で書いた「ダッシュとカメラ操作が同時にできない」という点だけは、
Aボタンではなく、スティック押し込みによるダッシュ操作で対応できることがわかった。
走り回るのが少し楽になったが、
正直それ以外の部分も含め、凡作には変わらないと思う。
「こんなもの」のままで恥を晒すのは、
シリーズそのものを殺すことになりかねない。
開発者には、猛省と改良をお願いしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「速記止めてください」国籍法改悪の反対意見は「弾圧」して可決…続・売国センセイの宴

まったく。
人がラストレムナントの続きで遊んでいたいってのに…

何度か書いた、
「日本国籍バーゲンセール」法案

今日、国籍法改悪案が
参議院の法務委員会を通過しちまいやがった
まったくクソったれだ。
ファッキン委員会だ。

昨日の時点の記事だが、
「父子写真提出」を付帯決議、国籍法改正案成立へ

まともな脳みそもってりゃ、
「写真提出」なんてなんのセキュリティにも
ならんことはわかるわな。
反対派を黙らすために、安っぽいアリバイ工作。

どれほどヤバい法案かは、
前の書き込みを読んでくれ。
ちなみに、自称「父親が日本人のガキ」を連れた
フィリピーナのかあちゃんが、
数万人単位で日本に乗り込んでくる予定
らしい。すでに。

しかも、
法務委員会でマトモに反対しようとしたら、コレだ。
まあ見てくれ。背筋が凍る。

「速記とめてください」
「全会一致で」
…記録に残らないように、反対意見を、そうk…おっといけない、
公○の座長サンが「弾圧」する瞬間がガッチリ映ってる。
さすがに朝鮮半島と親しい宗k…政治団体さんは
俺たちにできないことをやってのけるぜ!
シビれないし、アコガれないけどな…。

ニコニコ動画(要ID)
youtube

こんなザル法案通して、10年たったら
「新」日本人が選挙で立候補して、
内部から日本そのものを解体されかねねーんだが。
治安はあっという間に悪化するのは目に見えてるし、
外国の子供を性の玩具にするための「認知」も横行するだろし。
マフィアと性犯罪者が大喜びのスゲー法案だ。

世界中で「不法移民はサヨウナラ」が今のトレンドだってのに、
そんな時代に「国籍(永住権なんて甘いもんじゃないぜ!日本国民だぜ)」
を安売りしてバラまこうってんだぜ…グレートすぎる。

衆院で通した自・公にゃド阿呆センセイが混じってるし、
参院はそもそも外国人参政権が大スキで、韓国ベッタリな民主
国民新党くらいしか、
マトモな保守がないってのはどーなんだろね。この国。
10年後の状況がマジで心配になってくるわ。

…あ、そうそう。
「国民の権利」として、
「請願」って手がある
らしいから、
気になった人は是非。
(手紙送るだけで簡単。政府は「誠実に処理する」義務があるから、
数送られるとコタエるらしいんだぜ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストレムナントにハマる

しばらく更新してなかったブログだが、
なんでかというと…

ラストレムナントにハマってるから

だったりする。

このゲーム、戦闘が実に面白い。
チーム編成を含めて、手を抜くとあっさり全滅する
シビアな調整だけど、
頭使えばちゃんと勝てるってのがイイ。

現在、
Disk2でサブクエストの「神」に挑戦中…
今日で2連敗だけど…

このゲーム、
処理落ちやら、テクスチャの貼り遅れやら、
技術的にはずいぶんとダメダメなのだが、
ゲームとしては実に楽しめる…つーか、
いつになったらケリがつくのやら、というくらいボリュームがある。

年末の積みゲー増加が恐ろしいことになりそうやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »